特許
J-GLOBAL ID:200903002452227051

加工性と歪時効硬化特性に優れる高強度冷延鋼板および高強度めっき鋼板ならびにそれらの製造方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 小川 順三 ,  中村 盛夫
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2003-007894
公開番号(公開出願番号):特開2004-218018
出願日: 2003年01月16日
公開日(公表日): 2004年08月05日
要約:
【課題】高い加工性を有するとともに歪時効硬化特性にも優れ、かつ室温での時効劣化も小さい高強度冷延鋼板および高強度めっき鋼板を提供する。【解決手段】C:0.015mass%以下、Si:0.5mass%以下、Mn:1.0〜3.5mass%、P:0.10mass%以下、S:0.003mass%以下、Al:0.02mass%以下、N:0.0050〜0.025mass%を含有する鋼スラブを、1000°C以上に加熱した後、仕上圧延出側温度を800°C以上として熱間圧延を行い、650°C以下の温度で巻取った後、冷間圧延を行い、次いで950°C以下でかつオーステナイト相分率が50%以上となる温度で連続焼鈍し、20°C/sec以上の冷却速度で少なくとも500°Cまで冷却し、その後、必要に応じてさらにめっき処理を施す。【選択図】 なし
請求項(抜粋):
C:0.015mass%以下、Si:0.5mass%以下、 Mn:1.0〜3.5mass%、P:0.10mass%以下、 S:0.003mass%以下、Al:0.02mass%以下、 N:0.0050〜0.025mass%、 固溶状態としてのNを0.0030mass%以上含み、 残部がFeおよび不可避的不純物からなる成分組成を有し、体積分率で25%以上のアシキュラフェライト相と残部がポリゴナルフェライト相からなると共に、平均結晶粒径が10μm以下である結晶組織を有することを特徴とする加工性と歪時効硬化特性に優れる高強度冷延鋼板。
IPC (6件):
C22C38/00 ,  B21B1/26 ,  B21B3/00 ,  C21D9/46 ,  C22C38/04 ,  C22C38/58
FI (6件):
C22C38/00 301S ,  B21B1/26 D ,  B21B3/00 A ,  C21D9/46 G ,  C22C38/04 ,  C22C38/58
Fターム (34件):
4E002AD01 ,  4E002BC07 ,  4E002BD03 ,  4E002BD09 ,  4K037EA01 ,  4K037EA04 ,  4K037EA05 ,  4K037EA09 ,  4K037EA11 ,  4K037EA13 ,  4K037EA15 ,  4K037EA16 ,  4K037EA17 ,  4K037EA18 ,  4K037EA19 ,  4K037EA20 ,  4K037EA23 ,  4K037EA25 ,  4K037EA27 ,  4K037EA31 ,  4K037EA32 ,  4K037EA36 ,  4K037EB02 ,  4K037EB03 ,  4K037EB05 ,  4K037FA02 ,  4K037FA03 ,  4K037FC03 ,  4K037FC04 ,  4K037FC05 ,  4K037FE01 ,  4K037FE02 ,  4K037FH01 ,  4K037FK03

前のページに戻る