特許
J-GLOBAL ID:200903002554378895

エフェクタ

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 大菅 義之
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平5-072524
公開番号(公開出願番号):特開平6-043863
出願日: 1987年10月14日
公開日(公表日): 1994年02月18日
要約:
【要約】【目的】 フィードバックループを有するエフェクタにおいて、ユーザーの意志をリアルタイムに効果付加の態様に反映させることを可能にすることを目的とする。【構成】 ウエットラインのボックス“ディレイ”の出力は、リピートパラメータD(R/L)RPTによってレベル制御された後、上記ボックス“ディレイ”の入力に再び帰還入力される。そして、上記リピートパラメータD(R/L)RPTは、マニュアル演奏操作子たるペダルの操作量に応じて制御される。
請求項(抜粋):
入力される信号を変調して出力する第1の出力手段と、この第1の出力手段の出力信号に係数を乗算して出力する第2の出力手段と、この第2の出力手段の出力信号と入力される音響信号とを合成して上記第1の出力手段に入力する入力手段と、マニュアル演奏操作子と、このマニュアル演奏操作子の操作量に応じて、上記第2の出力手段における係数を制御する制御手段とを有することを特徴とするエフェクタ。
IPC (6件):
G10H 1/02 ,  G10H 1/00 ,  G10H 1/043 ,  G10H 1/053 ,  G10H 1/10 ,  G10K 15/12
引用特許:
審査官引用 (2件)
  • 特公昭57-000519
  • 特開昭61-172192

前のページに戻る