特許
J-GLOBAL ID:200903002658568602

ホール効果形位置センサ

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平5-246052
公開番号(公開出願番号):特開平7-078538
出願日: 1993年09月08日
公開日(公表日): 1995年03月20日
要約:
【要約】【目的】 磁場発生部と磁場検出部との動作距離が変化した場合でも、スライド方向の検出位置のずれを小さく抑えるようにしたホール効果形位置センサを提供する。【構成】 磁場発生部1を、第1の永久磁石6と、この第1の永久磁石6のスライド方向3に沿った両側に等しいギャップDを隔てて配置された、第1の永久磁石6よりも長さ寸法の小さい第2及び第3の永久磁石7,8とから構成し、第1の永久磁石6の極性に対して第2及び第3の永久磁石7,8の極性を逆極性となるように着磁する。
請求項(抜粋):
被検出体を構成する永久磁石からなる磁場発生部と、この磁場発生部に対して相対的にスライドし磁場発生部からの磁場を検出するホール素子からなる磁場検出部とから構成されたホール効果形位置センサにおいて、上記磁場発生部は、第1の永久磁石と、この第1の永久磁石のスライド方向に沿った両側に等しいギャップを隔てて配置された、第1の永久磁石より長さ寸法の小さい第2及び第3の永久磁石とから構成され、第1の永久磁石の極性に対して第2及び第3の永久磁石の極性を逆極性となるように着磁したことを特徴とするホール効果形位置センサ。

前のページに戻る