特許
J-GLOBAL ID:200903002718007982

熱伝達チューブおよびその製造方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 志賀 富士弥 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-066395
公開番号(公開出願番号):特開平10-263734
出願日: 1998年03月17日
公開日(公表日): 1998年10月06日
要約:
【要約】【課題】 冷媒を蒸発する用途にも凝縮する用途にも優れた熱伝達性能を発揮するよう形成された外側表面を有する熱伝達チューブ、および熱伝達チューブを製造する方法を提供する。【解決手段】 ノッチ(30)のパターンは、チューブの外周に一定の間隔でフィンコンボリューションを斜め角度(α)で横切る。一対の隣接するノッチ間に2つの先端部(23)を有する分割スパイク(22)が存在するマンドレルと最初はフィン形成用ディスク(63)のガングとの間で2番目にノッチングホイール(66)との間で、そして3番目に分割ホイール(67)との間で、チューブの壁を転がすことによりチューブにフィンコンボリューション、ノッチおよび分割スパイクが形成される。回転し前進するチューブとノッチングホイールとの相互作用により、スパイクの最大幅(Wt)はフィンコンボリューションの根幹部の幅(Wr)よりも大きくなる。
請求項(抜粋):
チューブの外壁上に熱交換表面を形成する方法において、内側マンドレルとフィン形成用ディスクのガングとの間で前記壁を転がし、フィンコンボリューションを形成する工程と、前記チューブの外周の周りに一定の間隔で前記フィンコンボリューションにノッチ付けを行い、前記フィンコンボリューションにスパイクを形成する工程と、前記スパイクを分割し、各スパイクごとに2つの先端部を形成する工程とからなる方法。
IPC (2件):
B21D 53/06 ,  F28F 1/16
FI (2件):
B21D 53/06 A ,  F28F 1/16 A
引用特許:
審査官引用 (1件)
  • 凝縮伝熱管
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-035405   出願人:株式会社神戸製鋼所

前のページに戻る