特許
J-GLOBAL ID:200903002765771569

温度調節器

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (5件): 高橋 英生 ,  浅見 保男 ,  武山 吉孝 ,  鈴木 隆盛 ,  祖父江 栄一
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2004-214246
公開番号(公開出願番号):特開2006-038472
出願日: 2004年07月22日
公開日(公表日): 2006年02月09日
要約:
【課題】 負荷の大きさによって変化する電子回路の発熱による計測誤差を補正する。【解決手段】 温度調節器1のケース内に、室温を計測する温度センサ2、制御部3、ファン等の負荷を駆動する駆動部4、電源部5、スイッチ6及び表示部7が設けられている。動作モード1では、負荷の運転を開始したときの温度センサ2による測定温度の温度上昇曲線を計測して記憶部33に記憶しておき、この温度上昇曲線を用いて、計測温度の誤差を補正する。動作モード2では、負荷の運転を開始した直後の温度上昇を測定し、予め記憶部33に記憶されている複数の負荷に対する温度上昇曲線のうち最も近い特性を有するものを用いて計測温度の誤差を補正する。負荷の運転を停止したときについても、温度下降曲線を用いて同様に計測温度の誤差を補正する。【選択図】 図1
請求項(抜粋):
ケース内に電子部品を備えた温度調節器であって、 前記電子部品は、室温を計測する温度センサと、該温度センサによる計測データに基づいて負荷の駆動制御信号を出力する制御部と、該制御部からの駆動制御信号により負荷を制御する駆動部と、電源部とを含み、 前記制御部は、前記負荷の大きさに応じた前記電子部品の発熱による前記温度センサの計測値の実際の室温との誤差を補正する補正手段を備えていることを特徴とする温度調節器。
IPC (2件):
G01K 1/20 ,  G01K 7/00
FI (2件):
G01K1/20 ,  G01K7/00 381D
引用特許:
出願人引用 (8件)
  • 温度測定装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平7-264482   出願人:山武ハネウエル株式会社
  • 特許第3322417号
  • カメラの温度測定装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平7-114069   出願人:キヤノン株式会社
全件表示
審査官引用 (9件)
  • 特許第3322417号
  • 特許第3322417号
  • カメラの温度測定装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平7-114069   出願人:キヤノン株式会社
全件表示

前のページに戻る