特許
J-GLOBAL ID:200903002783293372

光学素子の製造方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 特許業務法人明成国際特許事務所
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-305787
公開番号(公開出願番号):特開2003-202421
出願日: 1996年12月19日
公開日(公表日): 2003年07月18日
要約:
【要約】【課題】 偏光変換素子における光の損失を防ぐ。【解決手段】 それぞれ板状の第1の透光性部材321と第2の透光性部材322を準備する。第1の透光性部材321は、ほぼ平行な第1と第2の表面(膜形成面)を有する。第1の膜形成面上には偏光分離膜331を形成する。また、第2の膜形成面上には反射膜332を形成する。第2の透光性部材322の表面にはこれらの膜は形成されていない。そして、複数の第1の透光性部材321と複数の第2の透光性部材322とを交互に貼り合わせる。こうして貼り合わされた透光性部材を、表面と所定の角度で切り出し、その切断面を研磨することによって、偏光ビームスプリッタアレイ320を形成する。
請求項(抜粋):
光学素子であって、光入射面と、前記光入射面にほぼ平行な光出射面とを有し、前記光入射面および光出射面と所定の角度をなすように形成されたほぼ平行な第1および第2の膜形成面と、前記第1の膜形成面上に形成された偏光分離膜と、前記第2の膜形成面上に形成された反射膜と、をそれぞれ備える複数の第1の透光性部材と、前記複数の第1の透光性部材と交互に貼り合わされ、前記複数の第1の透光性部材の前記光入射面および光出射面とそれぞれ同一平面に形成された光入射面および光出射面をそれぞれ有する複数の第2の透光性部材と、を備えることを特徴とする光学素子。
IPC (6件):
G02B 5/30 ,  G02B 27/28 ,  G02F 1/13 505 ,  G02F 1/1335 ,  G02F 1/1335 520 ,  G03B 21/00
FI (6件):
G02B 5/30 ,  G02B 27/28 Z ,  G02F 1/13 505 ,  G02F 1/1335 ,  G02F 1/1335 520 ,  G03B 21/00 E
Fターム (44件):
2H049BA05 ,  2H049BA06 ,  2H049BA42 ,  2H049BA43 ,  2H049BB03 ,  2H049BB51 ,  2H049BB63 ,  2H049BC13 ,  2H049BC14 ,  2H049BC21 ,  2H088EA12 ,  2H088HA06 ,  2H088HA13 ,  2H088HA15 ,  2H088HA18 ,  2H088HA20 ,  2H088HA21 ,  2H088HA23 ,  2H088HA24 ,  2H088HA25 ,  2H088HA28 ,  2H088MA20 ,  2H091FA05X ,  2H091FA05Z ,  2H091FA07Z ,  2H091FA10Z ,  2H091FA11Z ,  2H091FA14Z ,  2H091FA21Z ,  2H091FA26X ,  2H091FA26Z ,  2H091FA29Z ,  2H091FA41Z ,  2H091LA30 ,  2H091MA07 ,  2H099AA12 ,  2H099BA09 ,  2H099CA02 ,  2H099DA05 ,  2H099DA07 ,  2K103AA05 ,  2K103AB04 ,  2K103BC14 ,  2K103CA17
引用特許:
審査官引用 (7件)
  • 特開平4-310903
  • プリズムアセンブリの製造方法
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平5-203762   出願人:佐野富士光機株式会社
  • カラー画像読取装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平6-014603   出願人:富士ゼロックス株式会社
全件表示

前のページに戻る