特許
J-GLOBAL ID:200903002844416901

静止画像記録装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 田北 嵩晴
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-194588
公開番号(公開出願番号):特開平6-022336
出願日: 1992年06月30日
公開日(公表日): 1994年01月28日
要約:
【要約】【目的】 垂直ブランキング期間直後の近傍の少なくとも1H期間内に設けて記録を行うことで、休止期間テスト(IT)信号の広がりに起因して生じるCHSV方式での互換性の低下を改善する。【構成】 撮像素子101より出力されるY(輝度)信号に対してY-HIT(水平休止期間テスト)信号を加算器106,107で加算し、この加算結果をR(レッド)及びB(ブルー)信号から減算器112,113で引き算し、その各信号をローパスフィルタ116,117を通したのちブランキング回路118,119でブランキング処理して(R-Y1)及び(B-Y2)信号に含まれるY-HIT信号を消去し、ブランキング回路118,119の出力に対して120,121でC-VIT(垂直休止期間テスト)を加算し、さらにサンプルホールド回路122,123でサンプルホールドした信号をSV記録信号処理回路130,131へ供給することで、映像信号有効期間の終わり付近に少なくとも1個のサンプル値位相基準信号を付加することが可能になる。
請求項(抜粋):
記録媒体に対して静止画像のサンプル値列をアナログ記録する静止画像記録装置において、映像信号有効期間の終わり付近に少なくとも1個のサンプル値位相基準信号を付加して記録する記録手段を具備することを特徴とする静止画像記録装置。
IPC (2件):
H04N 9/79 ,  H04N 5/91

前のページに戻る