特許
J-GLOBAL ID:200903002898956367

データ変換装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 鈴江 武彦 (外6名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-028570
公開番号(公開出願番号):特開平11-234253
出願日: 1998年02月10日
公開日(公表日): 1999年08月27日
要約:
【要約】【課題】 入出力データのクロックが異なる機器相互間で簡単にデータ送受信を可能とする。【解決手段】 それぞれデータが入出力される複数の入出力ポート12a〜12dを有し、任意の入出力ポートから入力されたデータを、伝送先に対応するクロックで制御されたデータに変換して出力するデータ変換装置において、入力データを制御するクロックを、出力データのクロックを基準とした時間情報に変換し、入力データの時間情報を、出力データのクロックを基準とした時間情報に変換する時間情報変換手段16を設ける。さらに、入力データを内部バスへ出力すると共に、内部バスから取込んだデータに含まれる時間情報を時間情報変換手段で変換された時間情報に置換えて入出力ポートから送出する複数の入出力変換手段13a〜13dを設ける。
請求項(抜粋):
それぞれデータが入出力される複数の入出力ポートを有し、入出力ポートから入力されたデータを、該当データの伝送先に対応するクロックで制御されたデータに変換して前記伝送先へ出力するデータ変換装置であつて、前記入力されたデータを制御するクロックを、前記出力するデータのクロックを基準とした時間情報に変換すると共に、前記入力されたデータに含まれる時間情報を、前記出力するデータのクロックを基準とした時間情報に変換する時間情報変換手段と、前記入力されたデータを内部バスへ出力すると共に、内部バスから取込んだデータに含まれる時間情報を前記時間情報変換手段で変換された時間情報に置換えて入出力ポートから伝送先へ出力する複数の入出力変換手段とを備えたことを特徴とするデータ変換装置。
IPC (4件):
H04L 7/00 ,  G06F 13/00 351 ,  G06F 13/42 350 ,  H04N 7/16
FI (4件):
H04L 7/00 Z ,  G06F 13/00 351 B ,  G06F 13/42 350 A ,  H04N 7/16 A
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • インターフェース装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平6-269298   出願人:富士通株式会社
  • 特開平4-258047

前のページに戻る