特許
J-GLOBAL ID:200903003062693309

放射線画像出力システム、放射線画像出力方法、及びプログラム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 荒船 博司
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-054046
公開番号(公開出願番号):特開2003-251878
出願日: 2002年02月28日
公開日(公表日): 2003年09月09日
要約:
【要約】【課題】 本発明の課題は、複数の印刷装置が接続された放射線画像出力システムにおいて、画像を印刷する際、使用する印刷装置を途中で切り換えても、切り換えた印刷装置が有するフィルム等の記録媒体のサイズに基づいて印刷できるようにすることである。【解決手段】 コントローラ2は、プリンタPAからプリンタPBに切り換えて画像を印刷させる際に、プリンタPAで使用されていたフィルムサイズと、プリンタ別フィルムサイズ情報テーブルから抽出されたプリンタPBが有するフィルムサイズとを比較し、その比較結果に基づいて、フィルムサイズまたは画像のフォーマットを変更し、プリンタPBにより画像を印刷させる。そして、画像のフォーマットを変更したときには、その画像に対応する撮影履歴リストにフォーマットの変更情報を付加して記憶させる。
請求項(抜粋):
第1の印刷装置及び第2の印刷装置の内、何れか一方の印刷装置により放射線画像撮影装置にて撮影された放射線画像を記録媒体に印刷出力させる放射線画像出力システムであって、前記第2の印刷装置が有する記録媒体のサイズを記憶する記憶手段と、前記第1の印刷装置から前記第2の印刷装置に切り換えて前記放射線画像を記録媒体に印刷出力させる場合に、前記第1の印刷装置で使用した記録媒体のサイズと、前記記憶手段に記憶されている前記第2の印刷装置が有する記録媒体のサイズとを比較する比較手段と、前記比較手段による比較結果に基づいて、記録媒体のサイズまたは前記放射線画像のフォーマットを変更する変更手段と、前記変更手段により変更された記録媒体のサイズまたは前記放射線画像のフォーマットに基づいて、前記第2の印刷装置により前記放射線画像を印刷出力させる制御手段と、を備えることを特徴とする放射線画像出力システム。
IPC (3件):
B41J 21/00 ,  B41J 29/38 ,  G06F 3/12
FI (4件):
B41J 21/00 Z ,  B41J 29/38 Z ,  G06F 3/12 H ,  G06F 3/12 W
Fターム (17件):
2C061AS11 ,  2C061HJ06 ,  2C061HK07 ,  2C061HL01 ,  2C061HN04 ,  2C061HN19 ,  2C087AA11 ,  2C087AB05 ,  2C087BD06 ,  2C087BD24 ,  2C087CA03 ,  2C087CB17 ,  2C087DA02 ,  5B021AA18 ,  5B021BB01 ,  5B021EE02 ,  5B021LB07

前のページに戻る