特許
J-GLOBAL ID:200903003072607885

弾性表面波装置および通信装置

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2007-072749
公開番号(公開出願番号):特開2007-300604
出願日: 2007年03月20日
公開日(公表日): 2007年11月15日
要約:
【課題】 通過帯域内の挿入損失を向上させ、かつ通過帯域の平衡度を向上できる優れた特性の弾性表面波装置及びそれを用いた通信装置を提供すること。【解決手段】 圧電基板1上に第1及び第2の弾性表面波素子14,15が形成され、弾性表面波素子14,15は不平衡入出力端子17が接続された弾性表面波共振子16を介して並列接続され、弾性表面波素子14,15の中央のIDT電極3,6に平衡出入力端子18,19が接続されており、弾性表面波素子14,15の中央のIDT電極3,6に接続された接地用引き出し配線20,21と、弾性表面波共振子16と弾性表面波素子14,15とを接続した信号引き出し配線22,23とが、絶縁体24,25を介して交差して配設されていることにより、弾性表面波共振子16と弾性表面波素子14,15との接続部に容量26,27が設けられている。【選択図】 図1
請求項(抜粋):
弾性表面波装置であって、 IDT電極を具備する前段の弾性表面波共振子と、 前記弾性表面波共振子に並列接続された、3個以上の奇数個のIDT電極をそれぞれ具備する後段の第1および第2の弾性表面波素子と、 前段側の前記IDT電極および後段側の前記IDT電極を接続する信号引き出し配線と、 後段側の前記IDT電極と基準電位用電極とを接続する接地用引き出し配線と、 前記信号引き出し配線の一部、該信号引き出し配線の一部と対向する接地用引き出し配線の一部、および両配線の一部で挟持された絶縁体から構成される容量と、 前段側の前記IDT電極に接続された1つの不平衡入出力端子と、 後段側の前記IDT電極に接続された2つの平衡出入力端子と、 を具備する弾性表面波装置。
IPC (5件):
H03H 9/145 ,  H03H 9/25 ,  H03H 9/64 ,  H04B 1/04 ,  H04B 1/40
FI (5件):
H03H9/145 D ,  H03H9/25 Z ,  H03H9/64 Z ,  H04B1/04 A ,  H04B1/40
Fターム (26件):
5J097AA01 ,  5J097BB15 ,  5J097CC05 ,  5J097DD21 ,  5J097GG03 ,  5J097KK03 ,  5J097KK04 ,  5J097LL06 ,  5K011DA01 ,  5K011DA02 ,  5K011DA03 ,  5K011DA12 ,  5K011DA21 ,  5K011DA27 ,  5K011JA03 ,  5K011KA00 ,  5K060BB07 ,  5K060CC04 ,  5K060CC11 ,  5K060CC12 ,  5K060DD04 ,  5K060HH06 ,  5K060HH11 ,  5K060HH16 ,  5K060JJ18 ,  5K060JJ21
引用特許:
出願人引用 (5件)
全件表示
審査官引用 (3件)

前のページに戻る