特許
J-GLOBAL ID:200903003149143550

ファンユニット取付具

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 足立 勉
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2004-291408
公開番号(公開出願番号):特開2006-108295
出願日: 2004年10月04日
公開日(公表日): 2006年04月20日
要約:
【課題】 ファンユニットの筐体周囲に設けられたビス穴を活用してファンユニットを機器のフレームに固定可能にすると共に、ファンユニットの振動が機器のフレームに伝達されるのを良好に抑制することのできるファンユニット取付具の提供。【解決手段】 ファンユニット取付具10は、ファンユニット1の筐体4とフレーム6との間に挟まれる第1制振部材11と、固定用ビス5の頭部5bと筐体4との間に挟まれる第2制振部材12とを備えている。第1制振部材11に穿設されて固定用ビス5のネジ部5aを挿入可能な第1穴部11aと、第2制振部材12に穿設されてネジ部5aを挿入可能な第2穴部12aとは、いずれもビス穴4aよりも小さく形成されている。このため、固定用ビス5を締め付ければ、固定用ビス5は筐体4と直接接触せず、筐体4とフレーム6とも直接接触しないので、ファンユニット1の振動がフレーム6に伝達され難い。【選択図】 図3
請求項(抜粋):
直流モータ及び冷却用ファンを筐体内に内蔵し、該筐体の周囲に固定用のビス穴を備えたファンユニットを、フレームに固定するためのファンユニット取付具であって、 上記ビス穴近傍で上記フレームと対向する上記筐体の端面と上記フレームとの間に配設され、制振材料で構成された第1制振部材と、 該第1制振部材に穿設され、上記ビス穴に挿入される固定用ビスが挿入可能で、かつ、上記ビス穴よりも小径に構成された第1穴部と、 上記ビス穴近傍で上記固定用ビスの頭部と対向する上記筐体の端面と上記頭部との間に配設され、制振材料で構成された第2制振部材と、 該第2制振部材に穿設され、上記固定用ビスが挿入可能で、かつ、上記ビス穴よりも小径に構成された第2穴部と、 上記第1穴部及び上記第2穴部が上記ビス穴の中心に配設されるように、上記第1制振部材及び上記第2制振部材を位置決めする位置決め手段と、 を備えたことを特徴とするファンユニット取付具。
IPC (1件):
H05K 7/20
FI (1件):
H05K7/20 H
Fターム (2件):
5E322AB01 ,  5E322BB03
引用特許:
出願人引用 (7件)
全件表示
審査官引用 (1件)

前のページに戻る