特許
J-GLOBAL ID:200903003211514463

刈払機

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-106735
公開番号(公開出願番号):特開2006-238866
出願日: 2005年03月04日
公開日(公表日): 2006年09月14日
要約:
【課題】操作桿に対するレシプロ刃の前後方向の傾斜角度が、刈り取り作業がし易い向きに調整できるのは勿論のこと、ギヤケース及びギヤケース内の動力伝達構造を小型・軽量化させて作業者の負担を少なくし、とくに、ギヤケースの横幅を抑えることにより、操作桿に対するレシプロ刃の横方向のオフセット間隔が抑えられた、左右重量バランスの良い刈払機、更には、レシプロ刃に代えて回転刃の使用も可能な刈払機を提供することを課題とする。【解決手段】刈払機のギヤケースを左右分割させたものを上下回動自在に組み付けて構成し、片側の分割ケースを操作桿側に着脱可能に装着し、他方の分割ケースにレシプロの基部を装着して、ギヤケース内に、入力側になる小径の傘歯車と該傘歯車に歯合する歯面を側方に向けた大径の傘歯車とを配設し、大径の傘歯車の支軸に、突出部を反対側に向けた2枚のカムを装着し、各カムの縁部を囲む位置に、カムの回転に伴ってレシプロ刃の上刃と下刃を前後に駆動させる2枚のアームを配設した。【選択図】図3
請求項1:
エンジン又はモータによる回転動力をギヤケース内で減速し、更に往復運動に変換して、ギヤケースに装着されているレシプロ刃を前後に往復駆動させる動力伝達構造を有する刈払機であって、 当該刈払機のギヤケースは、操作桿又はハンドルに支持されている一方の片側の分割ケースと、レシプロ刃が装着されている他方の片側の分割ケースとが回動自在、且つ所望の回動角度で係止可能に組み付けられて構成され、 該ギヤケース内には、入力側の小径の傘歯車と、歯面を側方に向けた大径の傘歯車とを歯合させた減速機構が配設され、大径の傘歯車の側方に、大径の傘歯車と連動する、カム山を互いに反対方向に向けた2枚の円形の偏心カムと、各偏心カムが内接する開口及びレシプロ刃を前後に駆動させる突出部分が形成された2枚の揺動アームとを組み合わせた動力変換機構が配設されていることを特徴とする刈払機。
IPC (6件):
A01D 34/08 ,  A01D 34/135 ,  A01D 34/68 ,  A01D 34/76 ,  A01G 3/04 ,  A01G 3/06
FI (6件):
A01D34/08 ,  A01D34/135 ,  A01D34/68 A ,  A01D34/76 A ,  A01G3/04 501C ,  A01G3/06
Fターム (32件):
2B083AA02 ,  2B083BA02 ,  2B083CA02 ,  2B083CA07 ,  2B083CA27 ,  2B083DA02 ,  2B083DA03 ,  2B083EA03 ,  2B083EA08 ,  2B083EA11 ,  2B083EA20 ,  2B382GA02 ,  2B382GA06 ,  2B382GA07 ,  2B382GB05 ,  2B382GB06 ,  2B382GC03 ,  2B382GC05 ,  2B382GC15 ,  2B382GC22 ,  2B382HA06 ,  2B382HA08 ,  2B382HA12 ,  2B382HC03 ,  2B382HH03 ,  2B382HH04 ,  2B382HH06 ,  2B382HH09 ,  2B382HH13 ,  2B382HH23 ,  2B382HH24 ,  2B382HH27
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • 刈払機
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平6-248037   出願人:落合刃物工業株式会社

前のページに戻る