特許
J-GLOBAL ID:200903003219451100

印刷機における紙切れ検知装置

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平6-289215
公開番号(公開出願番号):特開平8-127119
出願日: 1994年10月28日
公開日(公表日): 1996年05月21日
要約:
【要約】【目的】 紙切れ検知の遅れを極小にすることにより印刷胴へのウェブの巻き付きを事故とならない最小限度に抑えることができるとともに、誤動作の要因を極少にして必要もないのにペーパカット装置を作動させてウェブを切断したり運転を停止するなどの余分な事故を無くして紙切れ検知の信頼性を向上することが可能な印刷機における紙切れ検知装置を提供する。【構成】 ウェブ12を両面からニップし、その走行によって回転される一対のバックアップローラ24およびタッチローラ26と、この回転するタッチローラ26に連結して駆動されるとともにウェブ12が切断により印刷胴の方へ引き戻され逆方向へ走行するとき前記タッチローラ26が逆回転されたことを電気的に検知して信号を発するインクリメンタルエンコーダ34と、から構成する。
請求項(抜粋):
ウェブを両面からニップし同ウェブの走行により回転される一対のバックアップローラおよびタッチローラと、この回転されるタッチローラに連結して駆動されるとともに前記ウェブの切断により同ウェブが印刷胴の方へ引き戻され逆方向へ走行するとき前記タッチローラが逆回転されたことを電気的に検知して信号を発する検知手段と、から成ることを特徴とする印刷機における紙切れ検知装置。

前のページに戻る