特許
J-GLOBAL ID:200903003291517174

タグ付き構造化文書格納システム、そのプログラム、及びその方法。

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 大菅 義之 ,  久木元 彰
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2004-095931
公開番号(公開出願番号):特開2005-284575
出願日: 2004年03月29日
公開日(公表日): 2005年10月13日
要約:
【課題】 本発明は、タグ付き構造化文書を取り扱えるシステムとレガシーシステムとの間でタグ付き構造化文書の任意の情報を容易に共有できる仕組みを提供することを目的とする。【解決手段】 マッピング条件及び文書特定キーとを設定情報ファイルに任意設定する機能(5)と、前記設定情報ファイルを読み取り前記文書特定キーに対応付けて前記タグ付き構造化文書(2)の全体を前記RDBの全体用カラムに格納し且つ特定部位の情報を前記RDB(3)の特定部位用カラムに格納する機能(4)と、前記文書特定キーに基づいて、特定部位用カラムの情報へアクセスする機能(4)と、前記設定情報ファイルを読み取り、前記全体用カラムの情報及び前記特定用カラムの情報からタグ付き構造化文書(2)を生成する機能(4)と、をコンピュータに実行させる。【選択図】図1
請求項(抜粋):
タグ付き構造化文書とRDBとの間のマッピング条件及び前記RDBに格納される前記タグ付き構造化文書を一意に特定するための文書特定キーとを設定情報ファイルに任意設定する機能と、 前記設定情報ファイルの最新設定情報を読み取り、前記文書特定キーとなる情報に対応付けて前記タグ付き構造化文書の全体を前記RDBの全体用カラムに格納し且つ前記タグ付き構造化文書の特定部位の情報を前記RDBの特定部位用カラムに格納する機能と、 前記文書特定キーに基づいて、前記RDBの特定部位用カラムに格納される情報へアクセスする機能と、 前記設定情報ファイルの最新設定情報を読み取り、前記文書特定キーの所定情報に対応付けされた前記全体用カラムの情報及び前記特定部位用カラムの情報からタグ付き構造化文書を生成する機能と、 をコンピュータに実行させるプログラム。
IPC (2件):
G06F17/30 ,  G06F12/00
FI (4件):
G06F17/30 140 ,  G06F17/30 180D ,  G06F12/00 511C ,  G06F12/00 513A
Fターム (9件):
5B075ND03 ,  5B075ND34 ,  5B075NK02 ,  5B075NR02 ,  5B075NR05 ,  5B075NR16 ,  5B075QR00 ,  5B075QT06 ,  5B082GA02
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • 構造化文書管理方法
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2000-307025   出願人:株式会社日立製作所
審査官引用 (1件)

前のページに戻る