特許
J-GLOBAL ID:200903003372052494

留守番電話機

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 佐々木 宗治 (外3名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-260025
公開番号(公開出願番号):特開平6-113006
出願日: 1992年09月29日
公開日(公表日): 1994年04月22日
要約:
【要約】【目的】 時刻の設定が容易にでき、時刻の精度が向上できることを目的とする。【構成】 電話回線の閉結/開放を行う回線制御部1と、回線制御部1に接続され電話回線との2線/4線変換を行う通話回路2と、回線制御部1に接続され時報サ-ビスに自動発信するCPU7と、CPU7に接続され時報サービスより送信される時刻情報を検出する音声認識手段10と、CPU7に接続され時刻情報を発音する音声合成手段8と、通話回路2に接続されカセット5への音声信号の入出力を行うと共に、音声認識手段10及び音声合成手段8の音声経路の接続を行う音声制御回路4とを具備した。
請求項(抜粋):
電話回線の閉結/開放を行う回線制御部と、上記回線制御部に接続され上記電話回線との2線/4線変換を行う通話回路と、上記回線制御部に接続され時報サービスに自動発信するCPUと、上記CPUに接続され上記時報サービスより送信される時刻情報を検出する音声認識手段と、上記CPUに接続され上記時刻情報を発音する音声合成手段と、上記通話回路に接続されカセットへの音声信号の入出力を行うと共に、上記音声認識手段及び上記音声合成手段の音声経路の接続を行う音声制御回路とを具備したことを特徴とする留守番電話機。
IPC (2件):
H04M 1/65 ,  H04M 1/27
引用特許:
審査官引用 (3件)
  • 特開平2-029058
  • 特開昭61-206351
  • 特開平1-260393

前のページに戻る