特許
J-GLOBAL ID:200903003412539278

除電棒装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 松村 修
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-009554
公開番号(公開出願番号):特開2006-196422
出願日: 2005年01月17日
公開日(公表日): 2006年07月27日
要約:
【課題】除電棒の導電棒の先端から第1ブリーダー抵抗器までの長さを短くでき、ケーブルの損傷を軽減できる除電棒装置を得ること。【解決手段】本発明の除電棒装置30Aは、被検査装置EUTに接近させる或いは接触させる除電棒31の導電棒31bの先端に可能な限り近づけて、その除電棒31の本体31a或いは基端部に、前記除電棒31に第1ブリーダー抵抗器32の一端を電気的に接続して一体化し、その第1ブリーダー抵抗器32の他端からケーブル36を導出して、そのケーブル36の接地電極34側に近い部分に第2ブリーダー抵抗器33を接続した構造を特徴とする。【選択図】図1
請求項(抜粋):
被検査装置に接触させる除電棒の先端部に可能な限り近づけて該除電棒の本体部或いは基端部に、前記除電棒にブリーダー抵抗器の一端を電気的に接続して一体化し、該ブリーダー抵抗器の他端からケーブルを導出して、該ケーブルの接地電極側に近い部分に他のブリーダー抵抗器を接続した構造を特徴とする除電棒装置。
IPC (1件):
H05F 3/02
FI (1件):
H05F3/02 K
Fターム (3件):
5G067AA70 ,  5G067DA02 ,  5G067DA13

前のページに戻る