特許
J-GLOBAL ID:200903003516499090

熱圧着装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 森 廣三郎 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2001-214048
公開番号(公開出願番号):特開2003-031618
出願日: 2001年07月13日
公開日(公表日): 2003年01月31日
要約:
【要約】【課題】 (1)フレキシブル電極の正しい位置決めと、(2)熱圧着ヘッド及び受け台の平行度の維持とを備えた熱圧着装置を提供する。【解決手段】 フレキシブル電極2の電極本体19を吸着する主支持面10と、端子4部分のみを吸着する副支持面11とを有し、副支持面11は主支持面10と面一になる水平位置と端子4から離隔する待避位置との間で変位自在に設けると共に、両端子3,4の熱圧着ツールは昇降自在な熱圧着ヘッド5と対になる受け台12とからなり、熱圧着ヘッド5は昇降機構部6と2軸の揺動軸14,15を介して連結し、受け台12に対して前記揺動軸14,15により定まる2方向へ揺動自在となり、水平面に対して任意方向の揺動姿勢を昇降機構部6に対して保持する固定手段28,29を各揺動軸14,15毎に設けた熱圧着装置である。
請求項(抜粋):
ガラス電極とフレキシブル電極との両端子を熱圧着するため、該両電極の位置決め部と両端子の圧着ツールとを備えた熱圧着装置において、フレキシブル電極用の支持面は該フレキシブル電極の電極本体を吸着する主支持面と、端子部分のみを吸着する副支持面とを有し、副支持面は主支持面と面一になる水平位置と端子から離隔する待避位置との間で変位自在に設け、フレキシブル電極の位置決め時には主支持面と面一になるように副支持面を水平位置に変位した主副支持面により電極本体及び端子を面一に保持し、熱圧着時には端子が自由になるように副支持面を待避位置に変位して主支持面により電極本体のみを保持することを特徴とする熱圧着装置。
Fターム (4件):
5F044NN12 ,  5F044NN22 ,  5F044PP12 ,  5F044PP13

前のページに戻る