特許
J-GLOBAL ID:200903003594847444

ディジタルカメラ

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 渡辺 隆男 ,  大澤 圭司
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-001011
公開番号(公開出願番号):特開2006-191324
出願日: 2005年01月05日
公開日(公表日): 2006年07月20日
要約:
【課題】 被写体中の輝度が偏っている場合においても、露光条件を適切に決定できるディジタルカメラの提供。【解決手段】 ディジタルカメラは、CCDと、A/Dと、画像データを記憶するメモリと、被写体からの光を受光して、暫定的な露出条件を決定する露出計と、CCD、A/D及びメモリを制御する手段を備え、制御手段が、露出計が決定した暫定的な露出条件に従って、テスト撮影を実行する露光条件決定手段と、テスト撮影の結果、露光条件決定用アナログ画像データがディジタル化され、メモリに記憶された露光条件決定用データの濃度レベルのヒストグラムを作成するヒストグラム生成手段により生成したヒストグラムに基づき、CCDのダイナミックレンジの上限値Dulと濃度レベルの最大値Dmaxとの差分値及び所定の濃度レベルD0と濃度レベルの最大値Dmaxとの差分値を算出し、露光条件決定手段に出力し露出条件を決定する構成である。【選択図】 図1
請求項1:
被写体からの光を受光して、アナログ画像データを生成する撮像素子と、前記撮像素子によって生成されたアナログ画像データをディジタル化して、ディジタル画像データを生成するA/D変換器と、前記A/D変換器によって生成されたディジタル画像データを記憶する画像データ記憶手段と、被写体からの光を受光して、暫定的な露出条件を決定する露出計と、前記撮像素子、前記A/D変換器および前記画像データ記憶手段を制御する制御手段とを備え、前記制御手段が、前記露出計が決定した暫定的な露出条件にしたがって、テスト撮影を実行する露光条件決定手段と、前記テスト撮影の結果、前記撮像素子によって生成された露光条件決定用アナログ画像データが、前記A/D変換器によってディジタル化され、前記画像データ記憶手段に記憶された前記露光条件決定用ディジタルデータの濃度信号レベルのヒストグラムを作成するヒストグラム生成手段と、前記ヒストグラム生成手段が生成した前記濃度信号レベルのヒストグラムに基づき、前記撮像素子のダイナミックレンジの上限値Dulと、前記濃度信号レベルの最大値Dmaxとの差分値(Dul-Dmax)および所定の濃度信号レベルD0(ここに、D0は前記撮像素子のダイナミックレンジの上限値Dul以下の値である。)と、前記濃度信号レベルの最大値Dmaxとの差分値(D0-Dmax)を算出して、前記露光条件決定手段に出力する濃度信号レベル差分値算出手段とを備え、前記露光条件決定手段が、前記差分値(Dul-Dmax)にしたがい、前記差分値(D0-Dmax)に基づいて、露出条件を決定するように構成されたことを特徴とするディジタルカメラ。
IPC (1件):
H04N 5/238
FI (1件):
H04N5/238 Z
Fターム (8件):
5C122DA04 ,  5C122EA20 ,  5C122FF01 ,  5C122FF22 ,  5C122FF23 ,  5C122FH24 ,  5C122HB01 ,  5C122HB06
引用特許:
審査官引用 (1件)

前のページに戻る