特許
J-GLOBAL ID:200903003610496827

航空機マストから懸架されたターボジェット

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (6件): 川口 義雄 ,  小野 誠 ,  渡邉 千尋 ,  金山 賢教 ,  大崎 勝真 ,  坪倉 道明
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2008-297645
公開番号(公開出願番号):特開2009-127629
出願日: 2008年11月21日
公開日(公表日): 2009年06月11日
要約:
【課題】回転部品を含む円筒状ケーシングを局所的に又は一般に変形することなく、力をマストに伝達するフロントファンを有するターボジェットのマストに対する懸架を提供する。【解決手段】本発明は、航空機マストから懸架されたターボジェットに関し、ターボジェットは、フロントファンと、放射アームによって互いに接続された外側シュラウド及びハブを有するファンの下流の中間ケーシングと、外側シュラウドを有する排気ケーシングとを備え、2つのケーシングは、1つの同一軸XX上に整列されており、マストは、細長状の構造支柱アセンブリを備える。上記ターボジェットにおいて、上記支柱アセンブリは、軸方向力及び横方向力の伝達手段を備える前側留め具により、上流において中間ケーシングの上記外側シュラウドに堅く取り付けられており、後側留め具により、下流において上記排気ケーシングに取り付けられている。【選択図】図1
請求項(抜粋):
ターボジェットが、フロントファンと、放射アームによって互いに接続された外側シュラウド及びハブを有するファンの下流の中間ケーシングと、外側シュラウドを有する排気ケーシングとを備え、2つのケーシングが、1つの同一軸XX上に整列されており、マストが、細長状の構造支柱アセンブリを備え、前記支柱アセンブリが、軸方向力及び横方向力の伝達手段を備える前側留め具により、上流において中間ケーシングの外側シュラウドに堅く取り付けられており、後側留め具により、下流において前記排気ケーシングに取り付けられている、航空機マストから懸架されたターボジェット。
IPC (5件):
F02C 7/20 ,  B64D 27/26 ,  F01D 25/28 ,  F01D 25/24 ,  F02K 3/06
FI (5件):
F02C7/20 A ,  B64D27/26 ,  F01D25/28 C ,  F01D25/24 J ,  F02K3/06
引用特許:
出願人引用 (8件)
全件表示
審査官引用 (1件)

前のページに戻る