特許
J-GLOBAL ID:200903003669604895

投写型画像表示装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 滝本 智之 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-099117
公開番号(公開出願番号):特開平11-295659
出願日: 1998年04月10日
公開日(公表日): 1999年10月29日
要約:
【要約】【課題】 光源1によって透過型液晶パネル10r、10g、10bに表示する映像を投射レンズ12により拡大投影する投射型画像表示装置において、浮遊する粉塵の液晶パネル10r、10g、10bへの付着による画質の劣化を防ぐことを目的とする。【解決手段】 入射側偏光板9に反射型偏光板を用い、偏光変換手段2をインテグレーター光学系31、32の間に挿入するかあるいは、予備偏光を行うプリ偏光子5をインテグレーター光学系32と反射型入射側偏光板9の挿入することにより、反射型入射側偏光板の発熱を抑制でき、これにより反射型入射側偏光板と液晶パネルパッケージを密着して構成できこれにより粉塵の付着を防ぐことができる。
請求項(抜粋):
映像を表示する透過型液晶パネルと前記液晶パネルを照明する偏光方向のランダムな光を発する光源と、透過型液晶パネルの映像を投射する投射レンズと、一偏光方向のみを透過し、透過する偏光方向を選択できるよう回動可能な反射型偏光板を備え、前記偏光板は前記液晶パネルの入射側に置かれ、前記液晶パネルのパッケージの入射面と前記反射型偏光板出射面間が密封状態になるよう保持されている液晶パネルユニットを有する投写型画像表示装置。
IPC (7件):
G02B 27/28 ,  G02B 5/30 ,  G02F 1/13 505 ,  G02F 1/1335 510 ,  G03B 21/00 ,  G03B 33/12 ,  G09F 9/00 305
FI (7件):
G02B 27/28 Z ,  G02B 5/30 ,  G02F 1/13 505 ,  G02F 1/1335 510 ,  G03B 21/00 D ,  G03B 33/12 ,  G09F 9/00 305
引用特許:
審査官引用 (7件)
全件表示

前のページに戻る