特許
J-GLOBAL ID:200903003688492534

エレベータ出入口の安全装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 武 顕次郎 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-191962
公開番号(公開出願番号):特開2000-016731
出願日: 1998年07月07日
公開日(公表日): 2000年01月18日
要約:
【要約】【課題】 安価で、かつ短時間で衝突による破損を防止することができるようにしたエレベータ出入口の安全装置を提供する。【解決手段】 かごドア1および乗り場ドア側に受光器2を配置し、かご柱3側に投光器15を対向して配置し、かご柱3側に設けた投光器15のケース17内に、かご内への侵入方向に受ける補強体16を設けてケース17の剛性を高め、かごドア1および乗場ドア5が開扉しているときに、乗場6側からかご7側に向かって進入しようとしている物体が誤って衝突しても、投光器15の破損を防止するようにした。
請求項(抜粋):
かごドアおよび乗場ドアと、これに対向するかご柱側とに、障害物を検知する投光器および受光器をそれぞれ設けたエレベータ出入口の安全装置において、上記かご柱側に設けた上記投光器および上記受光器の少なくとも一方のケースに、かご内への侵入方向に受ける補強体を設けたことを特徴とするエレベータ出入口の安全装置。
Fターム (2件):
3F307AA02 ,  3F307DA13
引用特許:
出願人引用 (5件)
  • エレベーターのドア間隔検出装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平5-153131   出願人:オーチスエレベータカンパニー
  • エレベータードアー装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平8-027481   出願人:三菱電機株式会社
  • 特開昭63-282077
全件表示
審査官引用 (5件)
  • エレベーターのドア間隔検出装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平5-153131   出願人:オーチスエレベータカンパニー
  • エレベータードアー装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平8-027481   出願人:三菱電機株式会社
  • 特開昭63-282077
全件表示

前のページに戻る