特許
J-GLOBAL ID:200903003718594884

画像処理装置、印刷装置および印刷方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 上柳 雅誉 ,  須澤 修
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2006-018608
公開番号(公開出願番号):特開2007-199452
出願日: 2006年01月27日
公開日(公表日): 2007年08月09日
要約:
【課題】印刷画像の種類に応じて、画素配置を選択することが可能な画像処理装置、印刷装置および印刷方法を提供すること。【解決手段】視差画像を視認する際の回転軸方向が、一方向に対して傾斜しているレンズシート12に対して印刷を実行するために複数の画像データを処理する画像処理装置であり、原画像データを元とする画素データの配列を指定するための2次元配列であって、入力される原画像データの個数に応じて2次元配列の配列候補を作成する配列候補作成手段と、配列候補の中から視差画像のタイプに応じていずれかの2次元配列を選択するための画質選択手段と、選択された2次元配列の順序に従って、画素データを配列し、画素データから構成される画素ブロックを形成し、入力される全ての原画像データの画素ブロックを反映させて1つのデータとして圧縮画像データを形成する画像データ形成手段と、を備える。【選択図】図14
請求項(抜粋):
一方向を長手とする複数のレンズが配置されると共に、一方の面に対して複数の視差に対応する視差画像を形成するためのレンズシートであって、上記視差画像を視認する際の回転軸方向が、上記一方向に対して傾斜しているレンズシートに対して印刷を実行するために複数の画像データを処理する画像処理装置において、 それぞれの視差に対応し、入力される原画像データを元とする画素データから構成されると共に該画素データの配列を指定するための2次元配列であって、入力される原画像データの個数に応じて2次元配列の配列候補を作成する配列候補作成手段と、 上記配列候補の中から、視差画像のタイプに応じていずれかの上記2次元配列を選択するための画質選択手段と、 上記画質選択手段での上記2次元配列の選択に基づき、当該2次元配列の順序に従って、上記画素データを配列し、上記画素データから構成される画素ブロックを形成し、入力される全ての原画像データの画素ブロックを反映させて1つのデータとして圧縮画像データを形成する画像データ形成手段と、 を具備することを特徴とする画像処理装置。
IPC (3件):
G03B 35/00 ,  B41J 5/30 ,  G06F 3/12
FI (3件):
G03B35/00 A ,  B41J5/30 Z ,  G06F3/12 W
Fターム (10件):
2C187AC08 ,  2C187AD14 ,  2C187AF03 ,  2C187AG15 ,  2C187BF41 ,  2C187DD02 ,  2C187GA05 ,  2H059AB08 ,  5B021AA01 ,  5B021QQ06
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • 特許第3471930号公報(段落番号0066〜0076、図1、図5、図8、図9等参照)
審査官引用 (8件)
全件表示

前のページに戻る