特許
J-GLOBAL ID:200903003748788594

磁気ディスクドライブ装置ユニットの電源切断接続装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 伊東 忠彦 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-120777
公開番号(公開出願番号):特開平5-314631
出願日: 1992年05月13日
公開日(公表日): 1993年11月26日
要約:
【要約】【目的】本発明は各磁気ディスクドライブ装置に対する電源の切断/接続を行うドライブ用ブレーカが操作パネルにまとめて配設された構成の磁気ディスクドライブ装置ユニットの電源切断接続装置に関し、信頼性の向上を図ることを目的とする。【構成】複数の磁気ディスクドライブ装置11と、この装置11に対応して複数個設けられ電源を供給するドライブ用電源装置3と、この複数のドライブ用電源装置3に夫々接続されドライブ用電源装置3への電源供給を切断/接続すると共に、上記装置11の配設位置と異なる位置にまとめて配設された複数のドライブ用ブレーカ4とを具備するユニットの電源切断接続装置において、ドライブ用ブレーカ4近傍に表示装置17を配設し、上記装置11が電源切断可能状態となった時、この表示装置17を点燈させる制御装置14を設ける。
請求項(抜粋):
複数の磁気ディスクドライブ装置(11)と、該複数の磁気ディスクドライブ装置(11)に対応して複数個設けられ、対応する該磁気ディスクドライブ装置(11)に対して電源を供給するドライブ用電源装置(3)と、上記複数のドライブ用電源装置(3)に夫々接続されており、該ドライブ用電源装置(3)への電源供給を切断/接続すると共に、上記磁気ディスクドライブ装置(11)の配設位置と異なる位置にまとめて配設された複数のドライブ用ブレーカ(4)とを具備する磁気ディスクドライブ装置ユニットの電源切断接続装置において、該磁気ディスクドライブ装置(11)が電源切断可能状態となった時、電源切断許可信号を出力する許可信号生成手段(12,14)を設けると共に、該許可信号生成手段(12,14)が上記電源切断許可信号を出力した際、該電源切断許可信号を検知し、対象となる該磁気ディスクドライブ装置(11)に対応するドライブ用ブレーカ(4)の操作許可処理を行う操作許可手段(17,21)を設けたことを特徴とする磁気ディスクドライブ装置ユニットの電源切断接続装置。
IPC (2件):
G11B 19/00 ,  H01H 9/54

前のページに戻る