特許
J-GLOBAL ID:200903003771182423

ズームレンズ

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平6-286215
公開番号(公開出願番号):特開平8-146294
出願日: 1994年11月21日
公開日(公表日): 1996年06月07日
要約:
【要約】【目的】 高性能で大きなズーム比を達成し、かつ小型化を図る。【構成】 物体側より順に、正屈折力の第1レンズ群G1 と、光軸方向に可動な負屈折力の第2レンズ群G2 と、光軸方向に可動な負屈折力の第3レンズ群G3と、正屈折力の第4レンズ群G4 とを備える。ここで、ズーミングに際しては第2及び第3レンズ群が移動する。そして、本発明のズームレンズは、第1レンズ群G1 の屈折力と、第2レンズ群G2 の使用倍率との好適な範囲を見出したものである。
請求項(抜粋):
物体側より順に、正屈折力の第1レンズ群G1 と、光軸方向に可動に設けられた負屈折力の第2レンズ群G2 と、光軸方向に可動に設けられた負屈折力の第3レンズ群G3 と、正屈折力の第4レンズ群G4 とを有し、広角端から望遠端への変倍の際に、前記第2レンズ群は光軸に沿って物体側から像側へ向かって単調に移動し、前記第3レンズ群G3 は光軸に沿って往復するように移動し、以下の条件を満足することを特徴とするズームレンズ。0.8 1/2 ・f1 /fT <1.13.0 <|β2W・V1/2 |<3.5但し、fT :望遠端における全系の合成焦点距離、FT :望遠端におけるFナンバー、f1 :前記第1レンズ群G1 の焦点距離、β2W:前記第2レンズ群G2 の広角端における倍率、V:ズーム比、である。

前のページに戻る