特許
J-GLOBAL ID:200903003777112486

プレス曲げ機用金型

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 手島 孝美
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2001-311043
公開番号(公開出願番号):特開2003-117607
出願日: 2001年10月09日
公開日(公表日): 2003年04月23日
要約:
【要約】【課題】 プレス曲げ機に取り付けたままで段曲げの高さを変更でき、しかも微調整も簡単に行うことができるプレス曲げ機用金型を提供する。【解決手段】 パンチ(10)及びダイ(20)の先端部には雄型部分(13,23) を段形成するとともに、載置平面(14,24) を雄型部分に連続しかつ対向する相手方の雄型部分の方向に延びて形成し、載置平面には位置決め部(15,25) を形成する。載置平面には雌型ブロック(16,26)を位置決め部によって位置決めして載置し、雌型ブロックには雌型部分を構成する型面(19,29)を形成し、雌型ブロックは磁石(18,28)によって載置平面上に取り換え可能に保持する。
請求項(抜粋):
パンチ及びダイの雄型部分と雌型部分の型合わせ動作によって曲げ荷重を加えて板状ワークを段曲げ加工するプレス曲げ機用金型において、上記パンチ及びダイの相互に対向される先端部には雄型部分が段曲げ加工の中心線から見て幅方向に所定の距離をあけて形成されるとともに、載置平面が上記雄型部分に連続しかつ対向する相手方の雄型部分の方向に延びて形成され、該載置平面には位置決め部が形成され、上記載置平面には雌型ブロックが載置されるとともに上記位置決め部によって位置決めされ、該雌型ブロックには雌型部分を構成する型面が上記載置平面に対して立ち上がる方向に延びて形成され、上記雌型ブロックは磁石によって上記載置平面上に取り換え可能に保持されていることを特徴とするプレス曲げ機用金型。
IPC (4件):
B21D 5/01 ,  B21D 5/02 ,  B21D 37/04 ,  B21D 37/14
FI (8件):
B21D 5/01 L ,  B21D 5/01 E ,  B21D 5/01 P ,  B21D 5/02 B ,  B21D 5/02 F ,  B21D 37/04 R ,  B21D 37/14 H ,  B21D 37/14 J
Fターム (8件):
4E050FA04 ,  4E063AA01 ,  4E063BA07 ,  4E063CA20 ,  4E063DA18 ,  4E063DA19 ,  4E063DA20 ,  4E063JA07

前のページに戻る