特許
J-GLOBAL ID:200903003877747292

画像記録装置、その装置による電力遮断処理方法及びプログラム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 大菅 義之
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2007-085357
公開番号(公開出願番号):特開2008-238731
出願日: 2007年03月28日
公開日(公表日): 2008年10月09日
要約:
【課題】導電性インクによる記録処理において、ノズル列のノズル内部で絶縁不良が生じても、この絶縁不良と導電性インクとによって生じる更なる不具合進行を未然に防止することが可能な画像記録装置、その装置による電力遮断処理方法及びプログラムを提供する。【解決手段】回復機構8は、複数のノズルにより形成されたノズル列13におけるインクの詰まり、若しくは汚れを回復させる回復処理を行うための回復部33を少なくとも有する。搬送機構4は、搬送経路の上流側より搬送されて受け渡しされる記録媒体を下流側へ載置して搬送する。電力制御部9は、複数のノズルから吐出されるインクによる記録処理の過程おいて、記録媒体の載置搬送に異常が生じたとき、若しくは回復処理の過程において、ノズル列13の回復のために回復部33をノズル列13に当接させるとき、ノズル列13を駆動するノズル列駆動部12への電力の供給を遮断する制御を制御部2に行わせる。【選択図】 図1
請求項(抜粋):
複数のノズルにより形成されたノズル列及び当該ノズル列を駆動するノズル列駆動部を有して成る少なくとも1つの記録ユニットと、搬送経路の上流側より搬送され前記複数のノズルから吐出される導電性のインクによって記録処理がなされる記録媒体を載置搬送する搬送機構と、を有する画像記録装置において、 前記ノズル列における前記インクの詰まり、若しくは汚れを回復させる回復処理を行うための回復部を少なくとも有する回復機構と、 前記ノズル列駆動部への電力の供給を制御する電力制御部と、を少なくとも備え、 前記電力制御部は、前記記録処理の過程において前記搬送機構による前記記録媒体の載置搬送に異常が生じたときに、若しくは前記回復処理の過程において前記ノズル列の回復のために前記回復部を当該ノズル列に当接させるときに、前記ノズル列駆動部への電力の供給を遮断する制御を行う、ことを特徴とする画像記録装置。
IPC (3件):
B41J 2/01 ,  B41J 2/18 ,  B41J 2/185
FI (2件):
B41J3/04 101Z ,  B41J3/04 102R
Fターム (25件):
2C056EA20 ,  2C056EA21 ,  2C056EA27 ,  2C056EB12 ,  2C056EB13 ,  2C056EB25 ,  2C056EB29 ,  2C056EB36 ,  2C056EB38 ,  2C056EB59 ,  2C056EC07 ,  2C056EC22 ,  2C056EC23 ,  2C056EC24 ,  2C056EC35 ,  2C056EC37 ,  2C056EC38 ,  2C056EC54 ,  2C056EC57 ,  2C056FA04 ,  2C056HA29 ,  2C056JA04 ,  2C056JA13 ,  2C056JB04 ,  2C056JC13
引用特許:
出願人引用 (4件)
全件表示
審査官引用 (3件)

前のページに戻る