特許
J-GLOBAL ID:200903003894339033

ケーブル式ステアリング装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 小玉 秀男 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2000-040210
公開番号(公開出願番号):特開2001-225755
出願日: 2000年02月17日
公開日(公表日): 2001年08月21日
要約:
【要約】【課題】 ハンドルの回転軸に取付けられた駆動プーリの交互方向の回転を、2本のケーブルに交互に作用する引張力により従動プーリに伝達するケーブル式ステアリング装置において、レスポンス特性を向上する。【解決手段】 ハンドルが中立位置から所定の角度範囲内で回転するとき、2本のケーブルa,bのうち引張力を伝達しないケーブルの少なくとも一端側において、ケーブルのリリース位置と、プーリを収容するハウジングからのケーブルの取出位置27、28、47、48との距離が、ハンドルの回転に伴って短くなるように構成されている。
請求項(抜粋):
駆動プーリと、従動プーリと、前記駆動プーリ及び前記従動プーリに両端が取付けられた2本のケーブルとを有し、前記駆動プーリはハンドルの回転軸に取付けられ、前記駆動プーリがどちらか一方に回転したとき前記2本のケーブルのどちらか一方に作用する引張力により前記従動プーリがどちらか一方に回転し、前記駆動プーリが他方に回転したとき前記2本のケーブルのどちらか他方に作用する引張力により前記従動プーリが他方に回転するように構成されたケーブル式ステアリング装置において、前記ハンドルが中立位置から所定の角度範囲内で回転するとき、前記2本のケーブルのうち引張力を伝達しないケーブルの少なくとも一端側において、ケーブルのリリース位置と、プーリを収容するハウジングからのケーブルの取出位置との距離が、ハンドルの回転に伴って短くなるように構成されているケーブル式ステアリング装置。
Fターム (2件):
3D030DA11 ,  3D030DC39
引用特許:
出願人引用 (4件)
全件表示

前のページに戻る