特許
J-GLOBAL ID:200903003951509900

レンズ鏡筒

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2001-190536
公開番号(公開出願番号):特開2003-005015
出願日: 2001年06月25日
公開日(公表日): 2003年01月08日
要約:
【要約】【目的】 自動焦点調整時にはモータからの駆動力が距離調整筒に伝達しモータによる自動距離調整が可能である一方、手動焦点調整時には手動調整筒からの駆動力が切り換え操作なしで距離調整筒に伝達可能であると同時に、手動調整筒からの駆動力がモータ側に伝わらない機構の動力伝達機構を有するレンズ鏡筒を提供することにある。【構成】 駆動環10を自動調整筒6にロックできるよう該自動調整筒6に軸着されたロックレバー14,15と、ワイヤー20,21の一端を該ロックレバー14,15に係止し、他端を手動調整筒7に固定した構成にすることにより、自動焦点調整では、該駆動環10と該ロックレバー14,15と該自動調整筒6を介して焦点調節をし、手動焦点調整では、該ワイヤー20,21と該ロックレバー14,15と該自動調整筒6を介して焦点調整をすると共に手動による駆動力をモータ側へ伝達させない機構とした。
請求項1:
撮影光学系の少なくとも一部の移動レンズを光軸方向に移動させて焦点調整を可能にする距離調整筒と、前記距離調整筒を移動させる自動調整筒と、手動操作により移動可能な手動調整筒を有し、自動焦点調整と手動焦点調整をクラッチ機構により切換えが可能なオートフォーカスレンズにおいて、前記手動調整筒から前記クラッチ機構への切換え動力信号の伝達手段にワイヤーのように可撓性のある部材を用いることにより、該クラッチ機構によって自動焦点調整と手動焦点調整を可能にしたことを特徴とするレンズ鏡筒。
Fターム (1件):
2H044BA04
引用特許:
審査官引用 (2件)

前のページに戻る