特許
J-GLOBAL ID:200903004022769163

フレキシブルパイプ用ダウンコネクタ

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 谷 昇 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-325382
公開番号(公開出願番号):特開2000-146040
出願日: 1998年11月16日
公開日(公表日): 2000年05月26日
要約:
【要約】【課題】径が大きく異なるフレキシブルパイプ間の接続を可能とするダウンコネクタをより簡易的な構成で提供することにある。【解決手段】フレキシブルパイプ用ダウンコネクタ1は、一端部側に径が大きな一方のフレキシブルパイプ11端が挿設される内設部4を有し他端部側に外ねじ部5を有する円筒状のアダプタ2が設けられ、このアダプタ2に挿入係止されるソケット6が設けられ、このソケット6に径が小さい他方のフレキシブルパイプ16端がパッキン9を介して挿設され、かつ、この径が小さい他方のフレキシブルパイプ16が挿入された状態で、前記アダプタ2の外ねじ部5に固設される固設ナット10が設けられてなることを特徴とする。
請求項(抜粋):
一端部側に径が大きな一方のフレキシブルパイプ端が挿設される内設部を有し他端部側に外ねじ部を有する円筒状のアダプタが設けられ、このアダプタに挿入係止されるソケットが設けられ、このソケットに径が小さい他方のフレキシブルパイプ端がパッキンを介して挿設され、かつ、この径が小さい他方のフレキシブルパイプが挿入された状態で、前記アダプタの外ねじ部に固設される固設ナットが設けられてなることを特徴とするフレキシブルパイプ用ダウンコネクタ。
IPC (3件):
F16L 19/02 ,  H02G 3/06 ,  F16L 25/00
FI (3件):
F16L 19/02 ,  H02G 3/06 B ,  F16L 25/00 A
Fターム (2件):
3H014CA05 ,  3H016DA02
引用特許:
審査官引用 (2件)
  • 特開昭53-132793
  • 特開平2-021014

前のページに戻る