特許
J-GLOBAL ID:200903004032420592

自動巻取機

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 吉田 功
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平3-360763
公開番号(公開出願番号):特開平7-267439
出願日: 1991年12月09日
公開日(公表日): 1995年10月17日
要約:
【要約】【目的】 この発明は、巻取胴への紙片等の自動的な巻取りに加え、巻取機構への巻取胴の搬入・設定、当該機構からの巻取胴の搬出を自動的に行い、紙片等の巻取り作業の能率増進、作業時での充分な安全管理を確保可能な自動巻取機を提供しようとするものである。【構成】 誘導板端部に付設の筐体から巻取胴を、巻取機構における支承体、保持体の夫々の並列下の回転子に亘り自動的に搬入させ、回転子の回転に伴う巻取胴の回転で漸次紙片等を巻取り、所望長さの紙片等の巻回後支承体、保持体の所定の回動位置で当該巻取胴を自動的に巻取機構から搬出可能としたことを主要な構成とするものである。
請求項1:
誘導板端部に付設の筺体から巻取胴を、巻取機構における支承体、保持体の夫々の並列した回転子とに亘り自動的に搬入し、これら回転子の回転に伴う巻取胴への所望長さの紙片等の巻取後、支承体、保持体の所定の回動位置で当該巻取胴を自動的に巻取機構から搬出することを特徴とする自動巻取機。

前のページに戻る