特許
J-GLOBAL ID:200903004043551958

ディスク装置のデータ保護方法、ディスク装置および記録媒体

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 永田 武三郎
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-196765
公開番号(公開出願番号):特開2000-020249
出願日: 1998年06月26日
公開日(公表日): 2000年01月21日
要約:
【要約】【課題】 RAIDとは別に、ディスクへのデータの書込みタイミングをずらすことによってプログラムのバグによって生じるデータの誤書込みからデータを保護し得るディスク装置のデータ保護方法およびディスク装置の提供。【解決手段】 ディスクドライバ1はアプリケーションプログラムの通常動作中はディスク2のデータ書込み領域22にデータを書込む。そして、アプリケーションプログラムが正常に終了した場合にはプログラム終了状態フラグをオンにしてデータの書込み位置をログ領域24に書込む。次に、終了状態フラグ244を調べ、プログラム終了状態フラグがオン(正常終了)の場合にのみ書込み位置情報をログ領域24から読み出して、それを基にディスク2のデータ書込み領域22に書込まれたデータをバックアップ領域23に書込む。
請求項(抜粋):
ディスクへのデータの書込み及び前記ディスクからのデータの読み出しを行なうディスク装置において、コンピュータによるアプリケーションプログラムの実行により該コンピュータから前記ディスク装置に転送されるデータを予めディスク上に割当てられた第1のデータ書込み領域に書込み、前記第1のデータ書込み領域に書込まれたデータと同一のデータを該データを前記第1のデータ書込み領域に書込んだ時間より遅延させて前記ディスクに予め割当てられた第2のデータ書込み領域に書込む、ことを特徴とするディスク装置のデータ保護方法。
Fターム (5件):
5B065BA01 ,  5B065EA24 ,  5B065EA26 ,  5B065EA31 ,  5B065EA33
引用特許:
出願人引用 (5件)
全件表示
審査官引用 (5件)
全件表示

前のページに戻る