特許
J-GLOBAL ID:200903004097930903

マイクロコンピユータ、不在時動作方法及びオプシヨン・カード

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 頓宮 孝一 (外4名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-060147
公開番号(公開出願番号):特開平5-088791
出願日: 1992年03月17日
公開日(公表日): 1993年04月09日
要約:
【要約】【目的】ディジタル・データを操作または記憶する電気的に作動する構成部品に電力を供給する電源と、パーソナル・コンピュータに付加されたオプション・カードの協働によって、パーソナル・コンピュータの不在時活動化及び操作を行えるパーソナル・コンピュータを提供する。【構成】パーソナル・コンピュータ10はデータ処理及び記憶構成部品、データ信号転送バス、データ処理及び記憶構成部品を活動化及び非活動化するために切り換え可能な電源90、ならびに制御オプション・カード110を有している。オプション・カードはメモリ素子114、事象追跡素子119、及びマイクロプロセッサ111からなっている。カードは各種の情報を記憶し、事象のオカレンスを記録し、事象のオカレンスが識別された場合にパーソナル・コンピュータを活動化し、実行すべき機能を起動し、機能の実行終了時にパーソナル・コンピュータを非活動化する。
請求項(抜粋):
ディジタル・データを処理し、記憶するための給電されるデータ処理及び記憶構成部品と、少なくとも1つのオプション・カード受入れスロットを含んでおり、該スロットに脱着自在に取り付けられるオプション・カードと前記データ処理及び記憶構成部品の間の通信を確立するためのデータ信号転送バスと、交流主電源と接続し、前記データ処理及び記憶構成部品に直流電力を供給するための、前記データ処理及び記憶構成部品への給電を可能及び不能として低電圧の直流電気信号の存在及び不存在に応答する制御可能な構成部品と、該制御可能構成部品と作動的に接続され、かつ該制御可能構成部品に与えるために低電圧直流信号を主電源から制御可能に引き出すための交流主電源に作動的に接続されている信号発生回路とからなる電源と、前記スロットに取り付けられ、前記制御可能構成部品に作動的に結合された、マイクロコンピュータを活動化及び非活動化し、かつ前記カードによって活動化された際に、マイクロコンピュータの機能を指示するためのオプション・カードとからなり、前記オプション・カードがマイクロコンピュータが活動化される事象及び機能に関する情報、ならびにマイクロコンピュータが活動化されたときに、該マイクロコンピュータによって行われる機能に関する情報を記憶するためのメモリ素子と、事象のオカレンスを記録するための事象追跡素子と、前記メモリ素子及び前記追跡素子に作動的に結合された、マイクロコンピュータが活動化される事象のオカレンスを識別し、実行すべき機能を開始し、機能の実行時にマイクロコンピュータを非活動化するためのマイクロプロセッサとからなっている、マイクロコンピュータ。
IPC (2件):
G06F 1/26 ,  G06F 1/00 370
引用特許:
審査官引用 (2件)
  • 特開昭61-193219
  • 特開昭63-314133

前のページに戻る