特許
J-GLOBAL ID:200903004102527535

垂直ブランキングパルス発生回路

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 森本 義弘
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-014392
公開番号(公開出願番号):特開平5-207318
出願日: 1992年01月30日
公開日(公表日): 1993年08月13日
要約:
【要約】【目的】偏向信号で垂直方向に拡大しても、ブラウン管を破損しない垂直ブランキングパルス発生回路を提供する。【構成】第2の比較回路4から出力される垂直パルスcを用い、第1、第2のマスク発生回路5,6で垂直パルスcの立ち下がり、立ち上がりを基準にして第1、第2のマスク信号d,eを発生させ、これと第1の比較回路3から出力される水平、垂直のブランキング信号bと合わせることでレターボックス信号の上下の信号をブランキングし、ブラウン管を破損することなくアスペクト比16:9のディスプレーに4:3のレターボックス信号を垂直方向に拡大し表示できるようにする。
請求項(抜粋):
一端を入力信号に他端を電源に接続された第1の抵抗と、一端を前記入力信号に他端をGNDに接続された第2の抵抗と、前記入力信号と第1の基準値と比較する第1の比較回路と、前記入力信号と第2の基準値と比較する第2の比較回路と、前記第2の比較回路の出力を基準に第1のマスク信号を発生する第1のマスク発生回路と、前記第2の比較回路の出力を基準に第2のマスク信号を発生する第2のマスク発生回路と、前記第1の比較回路の出力信号と前記第1のマスク発生回路の出力信号と前記第2のマスク発生回路の出力信号との論理積を行う第1の3入力AND回路と、前記第2の比較回路の出力信号と前記第2のマスク発生回路の出力信号との論理積を行う第2の2入力AND回路とを備えた垂直ブランキングパルス発生回路。

前のページに戻る