特許
J-GLOBAL ID:200903004103188122

医薬物質の経皮輸送を制御するための調節加熱

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (3件): 大野 聖二 ,  森田 耕司 ,  田中 玲子
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2006-234988
公開番号(公開出願番号):特開2006-326337
出願日: 2006年08月31日
公開日(公表日): 2006年12月07日
要約:
【課題】 患者の変化する要求に迅速に応ずることができ,追加の薬剤用量を迅速に輸送することができ,患者が要求に応じて追加の薬剤の輸送を制御することを可能とする,経皮薬剤輸送システムを提供すること。【解決手段】 本発明は,調節加熱を用いて経皮および調節放出を制御して,フェンタニル,他の鎮痛薬および他の物質を患者に迅速に輸送するための方法および装置に関する。本発明は,患者の皮膚の下の薬剤デポ中の薬剤を含む。加熱部材を薬剤デポ部位の近くに置き,薬剤デポ部位の中および近くで熱を発生させる。加熱部材に接続された調節部材を用いて加熱部材により発生される熱の大きさおよび持続時間を調節する。【選択図】 なし
請求項(抜粋):
患者に薬剤を迅速に輸送するための装置であって, 皮下の薬剤デポ部位を形成しうる薬剤輸送システム; 薬剤デポ部位を加熱するための熱を発生する加熱部材;および 加熱部材により発生する熱の量および時間を制御しうる制御部材 を含み, ここで,該装置は,加熱部材が薬剤デポ部位を加熱する前に薬剤輸送システムが薬剤デポを形成するような形状であることを特徴とする装置。
IPC (2件):
A61M 37/00 ,  A61K 9/70
FI (2件):
A61M37/00 ,  A61K9/70 401
Fターム (16件):
4C076AA72 ,  4C076AA81 ,  4C076AA95 ,  4C076BB31 ,  4C076CC01 ,  4C076FF31 ,  4C167AA71 ,  4C167AA72 ,  4C167BB42 ,  4C167BB62 ,  4C167CC01 ,  4C167EE05 ,  4C167EE08 ,  4C167GG16 ,  4C167HH08 ,  4C167HH22
引用特許:
審査官引用 (5件)
全件表示

前のページに戻る