特許
J-GLOBAL ID:200903004112523325

ロータ及びモータ

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 恩田 博宣 ,  恩田 誠
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2008-137204
公開番号(公開出願番号):特開2009-284737
出願日: 2008年05月26日
公開日(公表日): 2009年12月03日
要約:
【課題】ロータ本体とマグネットとを周方向に一体回転させる凹凸連結部において、その凹凸連結部における応力集中によるマグネットの損傷を抑制することができるロータ及びモータを提供する。【解決手段】凹凸連結部を構成する中間部材13の係合凸部13c及びリングマグネット14の係合凹部14aには、弾性を有する弾性接着剤30が備えられ、この弾性接着剤30を介してリングマグネット14とロータ本体12とが間接的に周方向に弾性係合されるように構成されている。【選択図】図2
請求項(抜粋):
回転軸を有するロータ本体と、該ロータ本体の外周に設けられる円環状のマグネットとを凹凸連結部により一体回転可能に固定したロータであって、 前記凹凸連結部は弾性を有する弾性係合部を備え、該弾性係合部を介して前記マグネットと前記ロータ本体とを周方向に係合したことを特徴とするロータ。
IPC (3件):
H02K 1/27 ,  H02K 21/14 ,  H02K 1/22
FI (4件):
H02K1/27 501C ,  H02K21/14 M ,  H02K1/22 A ,  H02K1/27 501J
Fターム (19件):
5H601AA08 ,  5H601CC15 ,  5H601CC20 ,  5H601GA23 ,  5H601GA24 ,  5H601GA32 ,  5H601GA37 ,  5H601GA38 ,  5H601GA40 ,  5H601JJ05 ,  5H601KK03 ,  5H601KK17 ,  5H621HH01 ,  5H621JK05 ,  5H622CA05 ,  5H622CB04 ,  5H622PP04 ,  5H622PP09 ,  5H622PP10
引用特許:
出願人引用 (6件)
全件表示
審査官引用 (5件)
全件表示

前のページに戻る