特許
J-GLOBAL ID:200903004178216962

目脂除去装置

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2003-348553
公開番号(公開出願番号):特開2005-111803
出願日: 2003年10月07日
公開日(公表日): 2005年04月28日
要約:
【課題】 押出金型を用いた成形時において、成形ラインを停止することなくダイリップ部から目脂を除去し、目脂が脱離して流出することを防止可能な目脂除去装置を提供する。【解決手段】 押出金型のダイリップ部に取り付けて用いる目脂除去装置であって、ダイリップ部に発生する目脂が転移可能なテーパー部を内面に有する筒形である、好ましくはダイリップ部の樹脂吐出部外側と、目脂除去装置におけるダイリップ側のテーパー部内側との間隙が0.3〜2mmであり、ダイリップから吐出された溶融樹脂の外側の傾斜面と前記テーパー部内面とのなす角が2〜10度である。【選択図】 図1
請求項1:
押出金型のダイリップ部に取り付けて用いる目脂除去装置であって、ダイリップ部に発生する目脂が転移可能なテーパー部を内面に有する筒形であることを特徴とする目脂除去装置。
IPC (1件):
B29C47/12
FI (1件):
B29C47/12
Fターム (4件):
4F207KA01 ,  4F207KA17 ,  4F207KL63 ,  4F207KM20

前のページに戻る