特許
J-GLOBAL ID:200903004291506489

プールフロア

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 廣江 武典 ,  宇野 健一
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2003-390439
公開番号(公開出願番号):特開2005-155013
出願日: 2003年11月20日
公開日(公表日): 2005年06月16日
要約:
【課題】各脚の展開や折り畳みを簡単に行うことができて、使用時にはプール床面上に置いただけでも位置ズレしないようにしっかりと支持することができ、さらに沈めるときの水の浸入とプールから取り出すときの水切りを短時間で行えるプールフロアを簡単な構成によって提供すること。【解決手段】各脚200を、フロア板裏面またはこれに固定される脚台20に取り付けられることになる脚板30と、フロア板裏面またはこれに固定される脚台20側に取り付けられることになる引出脚板50とを備えたものとして構成するとともに、フロア板裏面またはこれに固定される脚台20にスライド溝を形成し、このスライド溝に係合するスライド係合部を引出脚板50または脚板30、あるいはこれらの引出脚板50及び脚板30の両方に形成して、引出脚板50をフロア板裏面またはこれに固定される脚台20に対して係脱及びスライド可能にしたこと。【選択図】図4
請求項(抜粋):
フロア板と、これを支える複数の脚とからなり、プール内に沈められたとき、このプール内に前記フロア板による水深の浅い部分を形成するためのプールフロアであって、 前記各脚を、前記フロア板裏面またはこれに固定される脚台に取り付けられることになる脚板と、前記フロア板裏面またはこれに固定される脚台側に取り付けられることになる引出脚板とを備えたものとして構成するとともに、 前記フロア板裏面またはこれに固定される脚台にスライド溝を形成し、このスライド溝に係合するスライド係合部を、前記引出脚板または脚板、あるいはこれらの引出脚板及び脚板の両方に形成して、 前記引出脚板及び脚板の少なくとも一方をフロア板裏面またはこれに固定される脚台に対して係脱及びスライド可能にしたことを特徴とするプールフロア。
IPC (1件):
E04H4/06
FI (1件):
E04H3/19 B
引用特許:
出願人引用 (5件)
  • 実公平1-37059号公報、実用新案登録請求の範囲
  • プール用床
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平9-264498   出願人:三菱樹脂株式会社
  • 特許第3559863号
全件表示

前のページに戻る