特許
J-GLOBAL ID:200903004305804240

波形変換回路

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 泉名 謙治
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平3-209887
公開番号(公開出願番号):特開平5-037302
出願日: 1991年07月26日
公開日(公表日): 1993年02月12日
要約:
【要約】【目的】しきい値電圧にヒステリシス特性を有するシュミットトリガー回路であり、平衡出力を取り出せ、しきい値電圧やヒステリシス幅、出力振幅を広い範囲で調整できる。【構成】帰還回路を高入力インピーダンスのレベルシフト回路Q3 、Q4 と、電流源Q5 、Q6 と該電流源出力に接続された抵抗R3 、R5 とで構成し、該電流源Q5 、Q6 の出力電流I5 とこれに接続された抵抗R5 で決められる電圧を参照電圧として該差動増幅器Q1 、Q2 の入力に帰還させ、該帰還回路の入力信号レベルに応じて該参照電圧を変化させるようにし、該差動増幅器Q1 、Q2 の二つの負荷抵抗R1 、R2 を同一にして平衡出力を可能にした。
請求項(抜粋):
二つの増幅器の接地側端子を共通接続して差動増幅器を構成し、該差動増幅器の二つの出力の中の一つから該差動増幅器の入力へ正帰還をかけ、入力信号レベルに応じて出力電圧に二つの安定状態を生じるようにしたいわゆるシュミットトリガー回路において、該正帰還をかける帰還回路を高入力インピーダンスのレベルシフト回路と、電流源と該電流源出力に接続された抵抗とで構成し、該電流源の出力電流とこれに接続された抵抗で決められる電圧を参照電圧として該差動増幅器の入力に帰還させ、該帰還回路の入力信号レベルに応じて該参照電圧を変化させるようにし、該差動増幅器の二つの負荷抵抗を同一にして平衡出力を可能にしたことを特徴とする波形変換回路。
引用特許:
審査官引用 (1件)
  • 特開昭61-214606

前のページに戻る