特許
J-GLOBAL ID:200903004323446980

車両用ドアフレーム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 小川 覚
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2006-134925
公開番号(公開出願番号):特開2007-302186
出願日: 2006年05月15日
公開日(公表日): 2007年11月22日
要約:
【課題】ドアフレーム装飾用のガーニッシュの取付構造を簡略化する。【解決手段】ガラスランチャンネルの収納される溝部26を有するとともに、溝部26の一方の側面であってドア外板面側にフランジ部21を有する形態からなるサッシュ型材を基礎に、これらサッシュ型材を複数本用意するとともにそれらを適宜接合させることによってサッシュアセンブリを形成させる。このようなサッシュアセンブリを形成する縦サッシュ部材2のところであって、そのフランジ部21のところに、フランジ部全体を覆うように形成されるものであって短冊状の平面形態からなるとともに短冊状部材の幅方向両端末部のところに所定の巻込み部12、12を有するように形成された合成樹脂製のガーニッシュ1を、ガーニッシュ1の幅方向両端末部のところに形成された巻込み部12、12を、フランジ部21の幅方向両端末部211、211のところに係合させる。【選択図】図2
請求項(抜粋):
ガラスランチャンネルの収納される溝部を有するとともに当該溝部の一方の側面であってドア外板面側にフランジ部を有する形態からなるサッシュ型材を基礎にサッシュアセンブリを形成させ、このようなサッシュアセンブリを形成する縦サッシュ部材のところであって、そのフランジ部のところに、当該フランジ部全体を覆うように形成されるものであって短冊状の平面形態からなるとともに当該短冊状部材の幅方向両端末部のところに所定の巻込み部を有するように形成された合成樹脂製のガーニッシュを、当該ガーニッシュの幅方向両端末部のところに形成された上記巻込み部を上記フランジ部幅方向両端末部のところに係合させることによって取付けるようにした構成からなることを特徴とする車両用ドアフレーム。
IPC (2件):
B60J 5/04 ,  B60R 13/02
FI (2件):
B60J5/04 M ,  B60R13/02 Z
Fターム (5件):
3D023AA01 ,  3D023AB11 ,  3D023AC02 ,  3D023AD02 ,  3D023AD29
引用特許:
出願人引用 (1件) 審査官引用 (2件)

前のページに戻る