特許
J-GLOBAL ID:200903004349571146

証券化商品による各発行証券の償還方法

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2000-318561
公開番号(公開出願番号):特開2002-092314
出願日: 2000年09月13日
公開日(公表日): 2002年03月29日
要約:
【要約】 (修正有)【課題】それ自体には資産価値がないが運用(使用)する事で資産価値が発生する対象資産による証券化商品の供給をする。【解決手段】優先部分の証券の償還期間が、本来、他の証券と同一の場合に享受するはずの償還金利分を、劣後部分である償還期間の長い証券に按分した、各証券の償還・金利スケジュールリストを作り、その償還・金利スケジュールリストのもと、証券の販売や償還する事により、今まで以上にリスク期間を限定でき、各インセンティブを大きくする事ができる、又、証券の優先劣後部分は設定するが、上記とは異なり償還期間を同一にするが、各発行証券の優先劣後順に運用利益から発行金額を毎年積み立てられる、償還金が、その証券の発行額に達すると償還金利を下げ、その分をまだ運用利益から発行額の償還金額に達していない他の証券の償還金利に上乗せする。
請求項(抜粋):
発行される数種類の証券化商品の償還期間を不同一にする事により、優先部分である償還期間の短く設定された証券が、従来、償還期間が同一の場合に享受するはずの償還金利分を、劣後部分である償還期間の長い証券等に按分する各証券の償還・金利スケジュールリストを作り、それに基づいて証券化商品を開発・販売し償還する方法。
IPC (4件):
G06F 17/60 206 ,  G06F 17/60 204 ,  G06F 17/60 214 ,  G06F 17/60 234
FI (4件):
G06F 17/60 206 ,  G06F 17/60 204 ,  G06F 17/60 214 ,  G06F 17/60 234 C
Fターム (11件):
5B049BB47 ,  5B049CC08 ,  5B049CC11 ,  5B049CC32 ,  5B049CC38 ,  5B049EE01 ,  5B055CB00 ,  5B055CC04 ,  5B055CC10 ,  5B055CC11 ,  5B055CC13
引用特許:
審査官引用 (1件)

前のページに戻る