特許
J-GLOBAL ID:200903004465060167

被覆材料帯片を有していないたばこ加工産業のフィルタ連続体を製造する方法と装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (4件): 江崎 光史 ,  三原 恒男 ,  奥村 義道 ,  鍛冶澤 實
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2004-335783
公開番号(公開出願番号):特開2005-151993
出願日: 2004年11月19日
公開日(公表日): 2005年06月16日
要約:
【課題】たばこ産業の材料の非常に均質な連続体、特にフィルタ連続体を形成することができる、方法と装置を提供する。【解決手段】フィルタ材料10がフォーマットベルト23に載せられ、フォーマット装置20内でフィルタ連続体33に成形され、フィルタ材料を結合するために、フォーマット装置内でフィルタ連続体にエネルギーが供給される、被覆材料帯片を有していないたばこ加工産業のフィルタ連続体を製造するための方法において、フィルタ材料をフォーマットベルトに載せるステップの上流で、フィルタ材料がほぼ完全にばらばらにされる。被覆材料帯片を有していないたばこ加工産業のフィルタ連続体を製造するための装置において、シャワー状落下堆積装置12,13,14がフォーマット装置20の上流に設けられ、このシャワー状落下堆積装置によってほぼ完全にばらばらにされた繊維10がシャワー状に落下堆積してフリース15,15′,15′′を形成する。【選択図】図1
請求項(抜粋):
フィルタ材料(10)がフォーマットベルト(23)に載せられ、フォーマット装置(20)内でフィルタ連続体(33)に成形され、フィルタ材料(10)を結合するために、フォーマット装置(20)内でフィルタ連続体(33)にエネルギーが供給される、被覆材料帯片を有していないたばこ加工産業のフィルタ連続体(33)を製造するための方法において、フィルタ材料(10)をフォーマットベルト(23)に載せるステップの上流で、フィルタ材料がほぼ完全にばらばらにされることを特徴とする方法。
IPC (1件):
A24D3/02
FI (1件):
A24D3/02
Fターム (5件):
4B045AA50 ,  4B045AB16 ,  4B045BA00 ,  4B045BD01 ,  4B045BD08
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • 米国特許第3377220号明細書

前のページに戻る