特許
J-GLOBAL ID:200903004509425168

極薄物テープの耳部切断除去方法

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-191469
公開番号(公開出願番号):特開平6-008196
出願日: 1992年06月25日
公開日(公表日): 1994年01月18日
要約:
【要約】【目的】 極薄物テープの切断した両耳部を長尺のままスムーズに安定して除去できて、しかも切断する両耳部の幅を必要最小限に狭くしても切断除去には何ら支障なく、極薄物テープの歩留りが向上し、しかも無人による連続運転が可能となり、生産性が向上する極薄物テープの耳部切断除去方法を提供する。【構成】 極薄物テープを上側のガイドロールと下側の丸カッターとの間に送り込んで両耳部を切断し、この切断した両耳部を極薄物スリット製品の出口側に設けたエアーノズルのエアーの吸引力により強制的に引き落として除去することを特徴とする極薄物テープの耳部切断除去方法。
請求項(抜粋):
極薄物テープを上側の丸カッターと下側の丸カッター間に送り込んで両耳部を切断し、この切断した両耳部を極薄物スリット製品の出口側に設けたエアーノズルのエアーの吸引力により強制的に引き落として除去することを特徴とする極薄物テープの耳部切断除去方法。
IPC (2件):
B26D 7/18 ,  B26D 1/24

前のページに戻る