特許
J-GLOBAL ID:200903004512818251

シート処理装置及びそれに連結されるシート供給装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 田中 隆秀 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平5-192631
公開番号(公開出願番号):特開平7-048065
出願日: 1993年08月03日
公開日(公表日): 1995年02月21日
要約:
【要約】【目的】 シート枚数に応じた大きさの針を用いるステープラを使用してステープルを行うこと。ステープラの最大許容処理枚数以上のシートに対してステープル作業を行わないようにすること。【構成】 シート処理装置3は、ビントレイ7に分配収納されたシートSをステープルするステープラユニットU2と、このステープラユニットU2を支持するステープラユニット支持装置U1とを備えている。前記ステープラユニット支持装置U1は、ユニット装着部材41に装着されたステープラユニットU2の最大許容処理枚数を感知する最大許容処理枚数感知手段を有している。
請求項(抜粋):
シート搬入口と、このシート搬入口に供給されたシートをビントレイに排出するシート排出部と、このシート排出部に対して上下動可能に配置された複数のビントレイと、シート排出部から各ビントレイに分配収納されたシートをステープルするステープラユニットと、このステープラユニットを支持するステープラユニット支持装置とを備え、前記ステープラユニット支持装置が、前記ステープラユニットが装着されるユニット装着部材と、このユニット装着部材をステープル位置と退避位置との間で移動可能に支持するユニット支持用固定部材と、前記ユニット装着部材を前記ステープル位置と退避位置との間で往復移動させるステープルユニット移動手段とを有するシート処理装置において、下記の要件を備えたことを特徴とするシート処理装置、(Y01) 前記ユニット装着部材は、最大許容処理枚数の異なるステープラユニットを着脱可能に固定するユニット固定手段を有すること、(Y02) 各ステープラユニットはユニット側コネクタを有し、ステープラユニット支持装置は前記ユニット側コネクタと着脱可能な支持装置側コネクタを有すること。(Y03) ステープラユニットの作動電力は前記支持装置側コネクタに接続されたユニット側コネクタを介して供給されること、(Y04) 前記ステープラユニット支持装置は、前記ユニット装着部材に装着されたステープラユニットの最大許容処理枚数を感知する最大許容処理枚数感知手段を有すること。

前のページに戻る