特許
J-GLOBAL ID:200903004523326687

画像読取記録装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (3件): 世良 和信 ,  川口 嘉之 ,  和久田 純一
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-346204
公開番号(公開出願番号):特開2004-180144
出願日: 2002年11月28日
公開日(公表日): 2004年06月24日
要約:
【課題】小型化を図り、記録精度や読取精度を維持しつつ画像読取部のインク汚れを抑制可能な画像読取記録装置を提供する。【解決手段】原稿搬送部と記録紙搬送部とを有する用紙搬送手段と、原稿の画像を読み取る読取手段と記録シートに画像を記録する記録手段と、読取手段の白基準を規定し、通紙方向幅方向に少なくとも1つの切り欠きを有する白基準規定部材とを備える。原稿搬送手段と記録紙搬送手段との搬送路が少なくとも一部を共通搬送路とし、共通搬送路において読み取りおよび記録を行う。読取手段が共通の搬送路から退避可能に構成され、読取手段が共通の搬送路に位置する時に、白基準規定部材の切り欠きに共通搬送路に突設するリブを嵌入させることによって共通搬送路に埋設可能に構成されている。【選択図】 図6
請求項1:
被読取媒体を搬送する原稿搬送部および記録シートを搬送する記録シート搬送部からなる用紙搬送手段と、 上記被読取媒体の画像情報を読み取る読取手段と、 上記記録シートに対して画像形成を行う記録手段と、 上記原稿搬送部の搬送路および上記記録シート搬送部の搬送路における少なくとも一部が共通である共通搬送路とを有し、 上記共通搬送路において上記読取手段による読み取りおよび上記記録手段による記録が実行され、 通紙方向および/または幅方向に少なくとも1つの切り欠きを有し、上記読取手段における白基準を規定する白基準規定部材が備えられ、 上記読取手段が、共通搬送路から退避するように移動し、かつ、上記共通搬送路に位置する時に、上記白基準規定部材が、上記切り欠きに上記共通搬送路に突設するリブを嵌入させることによって上記共通搬送路に埋設可能に構成されている ことを特徴とする画像読取記録装置。
IPC (3件):
H04N1/19 ,  G03B27/50 ,  H04N1/04
FI (4件):
H04N1/04 103E ,  G03B27/50 B ,  G03B27/50 H ,  H04N1/12 Z
Fターム (15件):
2H108AA14 ,  2H108CB01 ,  2H108GA01 ,  2H108GA09 ,  2H108JA00 ,  5C072AA01 ,  5C072BA01 ,  5C072BA20 ,  5C072DA25 ,  5C072EA07 ,  5C072KA01 ,  5C072NA01 ,  5C072RA16 ,  5C072UA01 ,  5C072XA01

前のページに戻る