特許
J-GLOBAL ID:200903004558695294

紙製緩衝体

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平5-204432
公開番号(公開出願番号):特開平7-041055
出願日: 1993年07月28日
公開日(公表日): 1995年02月10日
要約:
【要約】【目的】 ウレタンフォーム製や発泡スチロール製など従来品に代わる円筒形の品物を保護する緩衝体を提供する。【構成】 素材を細実線に沿って切り込み、破線をそれぞれ山折りにし、ツメ部21A、21B、21C、21Dを穴部22A、22B、22C、22Dにそれぞれ差し込み三角筒を形成し、破線6A、6B、6C、6D、7A、7B、7C、7D、8A、8B、8C、8Dを山折りにすることにより三角筒にくぼみを形成し、そのくぼみによって品物を挟持し保持する。
請求項1:
円筒形の品物を外部からの衝撃から保護する緩衝体で、品物を保持する部分と化粧箱の内面に接する外壁部が一体となって形成される紙製の緩衝体において、素材を少なくとも2つの三角筒ができるように構成し、その三角筒に少なくとも2か所を切り込み、くぼみを設けたことと、側壁面を有することを特徴とする紙製緩衝体。
IPC (2件):
B65D 81/113 ,  B65D 5/50 101

前のページに戻る