特許
J-GLOBAL ID:200903004585377172

2-アシルアミノ-9-アシル-6-ハロプリンの製造方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 高木 千嘉 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平2-419202
公開番号(公開出願番号):特開平6-092965
出願日: 1990年12月14日
公開日(公表日): 1994年04月05日
要約:
【要約】 (修正有)【構成】 下記式I(式中、R1およびR2は同一であるかまたは相異なることができて、2〜10個の炭素原子を有する直鎖または分枝鎖状アシル基または7〜10個の炭素原子を有するアロイル基でありそしてXはフッ素、塩素、臭素またはヨウ素である)の化合物を、下記式II(式中、R1およびXは前述の定義を有する)の化合物のアシル化により製造する方法において、該アシル化を触媒の存在下で実施することを特徴とする方法。【効果】 上記の方法によれば、2-アシルアミノ-6-ハロプリンからの製造で、触媒を使用することによって2-アシルアミノ-9-アシル-6-ハロプリンの純度が実質的に改善される。
請求項(抜粋):
次の式I【化1】(式中、R1およびR2は同一であるかまたは相異なることができて、2〜10個の炭素原子を有する直鎖または分枝鎖状アシル基または7〜10個の炭素原子を有するアロイル基でありそしてXはフッ素、塩素、臭素またはヨウ素である)の化合物を、次の式II【化2】(式中、R1およびXは前述の定義を有する)の化合物のアシル化により製造する方法において、該アシル化を触媒の存在下で実施することを特徴とする上記方法。
IPC (3件):
C07D473/40 ,  B01J 31/02 102 ,  C07B 61/00 300

前のページに戻る