特許
J-GLOBAL ID:200903004590123790

温度制御装置及びこれを備える画像形成装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 伊藤 武久 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-070520
公開番号(公開出願番号):特開平11-273830
出願日: 1998年03月19日
公開日(公表日): 1999年10月08日
要約:
【要約】【課題】 温度検知手段の誤接続を防止して適正な温度制御を行うことのできる温度制御装置を提供する。【解決手段】 定着装置の通常の温度制御開始前に定着ヒータ13aを所定時間加熱する。この時、定着サーミスタ11及び加圧ローラサーミスタ12が正しく接続されていれば、定着サーミスタ11における温度上昇値の方が加圧ローラサーミスタ12における温度上昇値よりも大きくなる。従って、各サーミスタにおける温度上昇値を比べることによって、定着サーミスタ11及び加圧ローラサーミスタ12が正しく接続されているか否かを判断できる。
請求項(抜粋):
異なる所定の場所の温度を検知する複数の温度検知手段を有し、同一の接続手段を介して前記各温度検知手段が制御手段に接続され、前記複数の温度検知手段の検知出力に基づいて発熱体の温度制御を行う温度制御装置において、温度制御開始前に、前記複数の温度検知手段が夫々所定の場所に接続されているか否かを判断することを特徴とする温度制御装置。
IPC (3件):
H05B 3/00 310 ,  G03G 15/20 109 ,  G03G 21/00 510
FI (3件):
H05B 3/00 310 D ,  G03G 15/20 109 ,  G03G 21/00 510
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • 熱定着装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平7-065665   出願人:株式会社リコー
  • ヒーターの制御装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平3-269901   出願人:株式会社リコー
審査官引用 (2件)
  • 熱定着装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平7-065665   出願人:株式会社リコー
  • ヒーターの制御装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平3-269901   出願人:株式会社リコー

前のページに戻る