特許
J-GLOBAL ID:200903004667779570

アイアン型ゴルフクラブ

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (3件): 澤田 俊夫 ,  宮田 正昭 ,  山田 英治
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2006-205485
公開番号(公開出願番号):特開2007-037997
出願日: 2006年07月28日
公開日(公表日): 2007年02月15日
要約:
【課題】ロングアイアンからショートアイアンまでスイートスポットを打撃できるアイアンクラブセットを提供する。【解決手段】アイアンクラブセットは、チャネルバック構造のロングアイアンおよびキャビティバック構造のショートアイアンを含む。背面フェースの構造が純粋なチャネルバックから純粋なキャビティバックへと移行してセットの性能の連続性を増大させる。セットの付加的な設計パラメータ、例えば、溝のタイプおよび深さ、ロフト角、キャビティ容積、打撃フェースの粗さ、およびソール幅がセットを通じて系統的に変化させてもよい。セット中の少なくとも1つのクラブは打撃フェース用にサンドイッチ型構造を備え、減衰要素を打撃要素インサートと軽量強化コアとの間に配置している。一実施例では、少なくとも1つのクラブヘッドが特大である。【選択図】図4
請求項(抜粋):
打撃フェースとキャビティが形成された背面フェースとを有する少なくとも1本のロングアイアンと、 打撃フェースとキャビティが形成された背面フェースとを有する少なくとも1本のショートアイアンとを有し、 セット中の各クラブのキャビティの容積が、上記少なくとも1本のロングアイアンから上記少なくとも1本のショートアイアンへと系統的に変化し、かつ、セット中の各クラブの打撃フェース面積が実質的に一定であることを特徴とするアイアン型ゴルフクラブのセット。
IPC (2件):
A63B 53/00 ,  A63B 53/04
FI (2件):
A63B53/00 A ,  A63B53/04 F
Fターム (5件):
2C002AA03 ,  2C002CH01 ,  2C002MM04 ,  2C002SS02 ,  2C002SS04
引用特許:
出願人引用 (3件)
  • 米国特許第4928972号
  • 米国特許第5967903号
  • 米国特許第6045456号
審査官引用 (12件)
全件表示

前のページに戻る