特許
J-GLOBAL ID:200903004670739490

エンジンのハーネス出口構造

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (3件): 田中 香樹 ,  平木 道人 ,  田邉 壽二
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-106029
公開番号(公開出願番号):特開2006-288107
出願日: 2005年04月01日
公開日(公表日): 2006年10月19日
要約:
【課題】エンジンのハーネス出口で確実なシールドを可能にするエンジンのハーネス出口構造を提供する。【解決手段】ワイヤハーネス31は、グロメット金具32を介してシールドカバー3とエンジン本体2とに挟持される。グロメット金具32の各フランジ部32b,32c間には、シールドカバー3の板厚と同一の幅で溝32dが円周方向に形成されている。グロメット金具32の他端には、ワイヤハーネス31をシールドするハーネスオーバオール33が挿貫される。このハーネスオーバオール33は、金属繊維を編み込んで形成されるシールド外装体であり、ハーネスオーバオール33は、その一体が前記フランジ部32bに突き当たるまで前記グロメット金具32の他端外側に挿貫され、結合リング34によって締結されている。【選択図】図4
請求項(抜粋):
エンジンの上部に配置されてシールドカバーで覆われた電装品のワイヤハーネスを前記シールドカバー縁部のハーネス出口で電磁波に対してシールドするハーネス出口構造において、 前記ハーネス出口において、エンジンとシールドカバー縁部とによって挟持されるグロメット金具と、 前記グロメット金具の内側に挿通されるワイヤハーネスと、 前記ワイヤハーネスの前記シールドカバーから露出した部分をシールドするハーネス外装体と、 前記ハーネス外装体の一体を前記グロメット金具に対して締結させる締結部材とを含むことを特徴とするハーネス出口構造。
IPC (2件):
H02G 3/38 ,  F02B 77/00
FI (2件):
H02G3/28 F ,  F02B77/00 P
Fターム (3件):
5G363AA09 ,  5G363BA02 ,  5G363DC01
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • エンジン
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2003-286833   出願人:本田技研工業株式会社

前のページに戻る