特許
J-GLOBAL ID:200903004672348596

加硫促進剤、ゴム組成物およびそれを用いたタイヤ

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 本多 一郎 ,  杉本 由美子
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2008-086729
公開番号(公開出願番号):特開2009-235344
出願日: 2008年03月28日
公開日(公表日): 2009年10月15日
要約:
【課題】アミンの発生を防止して職場環境を改善でき、優れた加硫性能を有する加硫促進剤、ゴム組成物およびそれを用いたタイヤを提供する。【解決手段】下記一般式(1)、(一般式(1)中、R1およびR2は、各々独立に、水素原子、または置換基を有してもよい炭素数1〜8の炭化水素基を表し、R3〜R5は、各々独立に、水素原子、置換基を有してもよい炭素数1〜18の炭化水素基または置換基を有してもよい炭素数6〜18の芳香族基を表す)で表される2-メルカプトベンゾチアゾールを含有する加硫促進剤、ゴム組成物およびそれを用いたタイヤ。【選択図】なし
請求項(抜粋):
下記一般式(1)、
IPC (3件):
C08L 21/00 ,  C08K 5/47 ,  B60C 1/00
FI (3件):
C08L21/00 ,  C08K5/47 ,  B60C1/00 Z
Fターム (10件):
4J002AC011 ,  4J002AC021 ,  4J002AC031 ,  4J002AC071 ,  4J002AC081 ,  4J002EV326 ,  4J002FD010 ,  4J002FD070 ,  4J002FD156 ,  4J002GN01
引用特許:
出願人引用 (5件)
  • 特開昭49-36744号公報(特許請求の範囲等)
  • タイヤ用ゴム組成物
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2005-172665   出願人:横浜ゴム株式会社
  • 新規2-メルカプトベンゾチアゾール誘導体
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2006-131922   出願人:川口化学工業株式会社
全件表示
審査官引用 (2件)

前のページに戻る